ほとんどのコーチ、セラピスト、カウンセラーが年収1000万円稼げない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サラリーマンとしての出世を諦めたり、仕事はそこそこでいいと考える人の中に、人を支援する仕事がしたいという人がいる。

セラピスト

それはとてもいいことだと思う。ただし、人を支援したいと思っているのか、支援している自分を肯定したいのかで動機は違うし、当然ながら人を支援するパワーも違う。

パワーの一つがお金なのだけど、お金が人を支援した見返りだと考えれば、収入が増えないのは、どんな理由を付けようとも実力不足に他ならない。

こういう話をすると、「お金がない人を支援したい」と言う人がいるのだけど、お金のない人同士が支えあおうとしているからお金が生まれないのだという現実に目を向けないといけない。

人を支援しようと思うなら、誰が何とっても稼がないといけない。僕はそう思う。
生活するのはお金がいるし、相談に料金をいただいている以上、相談者のためにも、その仕事で成功していなくてはいけない。

なぜ、ほとんどのコーチ、セラピスト、カウンセラーが年収1000万円を超せないのか?

それは、「実力が上がらない学び方」「貧乏マインド」にある。

 

 

与えることで豊かになる人と、変わらない人

「与えることで豊かになる」と言われるのだけど、与えて豊かになっている人と、いつまでも変わらない人がいる。

例えば、著名なセラピストのセミナーで受付をやっている人はずっとボランティアで受付をやっていて、いつまでも登壇しない。

少ない給料で仕事をしているメンバーはいつまでも変わらない給料で忙しく仕事をしている。

自分で講座をはじめた人の多くは、いつまでも同じような価格のセミナーをやって、参加人数が横ばいか目減りしている。師匠に当たる人の値段は上がっていても、本人は値段を上げようとはしない。集客のためにフォローのカウンセリングやスカイプセッションなどを付けて、さらに多くを与えている。しかし、お客が増えるわけでもなく、負担ばかりが増加している。

こういった人たちは、人に与えているけど、ほとんどが豊かにならない。

一方で、与えている人たちをボランティアや安い給料のスタッフとして「使っている人」はどんどん豊かになる。

この違いは、与えた後に、きちんと受け取る準備ができているかどうかであると思う。

 

与え続けると人はどうなるか?

与えると豊かになるというのは、本当だろうか?

例えば、人にお金を与え続けるとどうなるだろう?

自分のお金が減っていく。

さらに与え続けるとどうなるだろう?

最後にはなくなってしまう。

こんな当たり前のことを「与えることで豊かになる」という概念は忘れさせてしまう。

人に与え続けようと思うなら、与え続けてもなくならないお金を持っているか、与えるよりも多く入ってくる仕組みを持っていることが前提だ。
与えたら入ってくるというような概念を盲信すれば、根拠なく奇跡か偶然を待ち続けることになってしまうけど、残念だが、滅多にないから奇跡であり、偶然というのは狙って得られるものではない。待っている間に、善意でボランティアをやっている人がお金に窮して街角で募金をするようなことになってしまう。

人が与え続けると、当然ながら自分が持っているものが減る。
与え続けているとどうなるかというと、持っているものがなくなる。

当たり前のことだ。

僕は、ボランティアをしながら、豊かになった人を知らない。
理由は簡単で、与えているけど、「受け取る準備」ができていないからだ。

 

あなたは何を与えているだろうか?

もうひとつ、「与えると豊かになる」というのは、当然ながら、相手にとって価値のあるものを与えるから豊かになるわけで、価値がないものを与えても相手に受け取ってもらえない。というか、「受け取らせている」にすぎない。

例えば、もったいないからという理由で、自分のブランド品の古着を誰かにプレゼントしたとしよう。相手は「ありがとう」と言って喜んだふりをすると思うのだけど(断れないから)、家に帰って捨てているかもしれない。しかも、「捨てるのにお金がかかった」なんて言われているようでは、与えたどころか、ゴミを持ち帰らせたことになる。

この話をすれば誰もが納得をするのだけど、案外と自分が与えているものの価値がわかっていない人が多い。

典型的なのが駆け出しで躓いているセラピストやカウンセラーだ。
心の構造を学んだ人からすれば、学んでない人の悩みの理由がわかることは珍しくない。ここでよきことをしようと(与えようと)、頼まれてもいないのに相談に乗ったり、セッションをしてしまうのは、古着を与えて喜んでいる人と変わらない。

価値がないものを与えても、与えたことにはならない。まして、「喜んでくれた」と相手に喜ばせてもらっているようでは、(時間を)奪っていることになるし、実は「喜び」を与えてもらっていることになる。

 

無料セッションの意味は?

セラピストやカウンセラーの経験のために、「100人無料」なる仕組みがよくあるのだけど、僕は基本的に反対の立場を取っている。

最初は価値がないから無料で修業をするという考え方は理解できるのだけど、問題は「なぜ、100人なのか?」ということだ。
(ちなみに、僕は一人目から有料で相談を聞いていた。今は料金もそれなりなので、クライアントに負担をかけないように、初回の相談を無料にして力を試してもらっている)

 

「素振りを1万回やれば一流の剣士になれる」なんて考えている一流の剣士はおらず、彼らは一流になるために必要な習練をしている。

5000回で他流試合に挑む人もいれば、100万回素振りをする人もいる。大切なことは、自分で自分の実力を高める方法を考え、自らの実力を正確に認識しているということだ。

そもそも100人というのは、団体のトップが決めたものであり、これは「普通の人ならこのくらいやればいいんじゃないか」という基準でしかない。能力が低ければ200回、高ければ10回でもいい。最初から有料でもいい。他人から与えられたノルマを守っているだけでは、資格は授与されるかもしれないが、実力を上げる学び方とは言えない。

 

受け取っている人は、最初から無料セッションをやっていない?

僕は最初から有料だったと話をしたけど、衝撃的な事実を暴露すれば、資格を発行して「100人無料」のノルマ(あえてノルマという)を課している人のほとんどは、最初から無料ではやっていない。やっていたとしても、100人もやっていない。

理由は簡単で、100回の稽古よりも、1回の真剣勝負を経験する方が、実力が上がるからだ。このことを知っている人は、見込みのある弟子だけを取り、浅い経験の時から高額なセッションを課している。

なぜ、実力が伴わない弟子に高額なセッションを課すのかと言えば、真剣勝負で実力を上げることと同時に、目に見えないものを与えて、目に見えるもの(お金)を受け取る習慣を身に付けさせるためだ。

こうした真剣勝負を繰り返すことで、弟子の「目に見えないものの価値(セッション)」が上がり、与えたものに対するお礼を素直に受け取ることができるようになる。

これが豊かさのサイクルだ。

与えるとは、提供した時間以上に、相手の心に気持ちを揺さぶる影響を植え付けるということだ。

だから、友人からもらったブランドの古着はゴミ箱に捨てられるが、憧れのスターからもらったノーブランドの古着は家宝になる。

 

「お金がない人」という決めつけは支援ではない(と思う)

100人をノルマとしてしか達成してない人は、有料セッションを許されても安い価格のサービスしかやらない。

単純な計算でわかるのだけど、5,000円のサービスで月に100万円の売上を作るためには、月に200人のセッションが必要になる。

ほぼ間違いなく、こんなに集客はできるはずがない。できたとしても、1か月で20日働けば1日10人のセッションを行うなど、物理的にも厳しい。

この話をすると「草の根で、お金のない人を支援したい」という人が必ずいるのだけど、与えることに躊躇する人と、受け取れない人のセッションで何が生まれるのであろうか?と思う。

そもそも「お金がない人」という決めつけはクライアントに失礼だし、「あなたはお金がないでしょうから、私がセッションをしてあげましょう」というのは、傲慢な振る舞いではないか。

お金がない人がお金を相手に与えることで、豊かさの一歩(受け取る準備)を踏み出すこともある。

こうした人がクライアントになれば、一流のカウンセラーやセラピストなら、セッションの時間中にも、より多くのものを与えようとするはずだし、受け取る側も真剣に時間を使う。結果、大きな価値交換が生まれる。

逆に、草の根運動を告知している人にセッションを頼んでしまうクライアントは、無意識のうちに自分に貧乏マインドを植え付けていることになる。

善意で貧乏マインドをまき散らしているコーチやカウンセラーのセッションは、クライアントのためでなく、実は、自己重要感を満たしているに過ぎない。

クライアントに与えられている自覚もないなら、受け取るべきものは目の前にやってくるはずはない。

僕が無料でセッションを受けず(やらず)、安い金額のサービスも受けない(やらない)のは、最初から「低い価値の交換しかしませんよ」と宣言されているようなものだからだ。

 

年収1000万円は最低ライン

この記事のタイトルで年収1000万円に設定したのは、経験上で実力のあると思われるセラピストやカウンセラーでそれ以下の年収の人がほとんどいないからだ。

また、サラリーマンという安定した身分を捨てた以上は、サラリーマン時代の収入を上回らないとあまり意味がないのではないか。

もちろん、お金ではなく、時間の自由を手に入れるという報酬もある。

いくら心のことを伝えようにも、現在の日本は資本主義で稼ぎは、対外的に実力を示す基準になるのだから、そこからは逃げてはいけない。

できるできないはわからないが、最低ラインは目指すべきだと思う。

そうすれば、自分のセッションの価格も設定がしやすくなる。

闇雲にがんばれば実力が上がるというのは、実力を高めない練習方法だし、安い価格のセッションは、貧乏マインドをまき散らすことになることを自覚してお仕事をしていただきたい。

 

まとめ:お金をもらいたくない人に提案

それでもお金を受け取ることにブロックがあるなら、よい提案がある。

ひとつは、一生無料でやるということ。

もうひとつは、

相手にとっては痛みのある金額のセッションをする。そして、目に見えないものを十分に受け取っていただいた後に、セラピストが受け取ったお金のクライアントに与えれば(返せば)いい。

そうすることで、相手は与えることを経験し、財布も傷まない。

セラピストも真剣勝負でクライアントを獲得し、価値のあるセッションをすることで実力も上がる。

ただし、実力がって、お金を受け取らないことが評判になると、ずっともらえなくなるので、やはり、この方法はおすすめしない。

ちなみに、僕のクライアントはある程度の成功した人だけなので、コンサルの現場でこのような話をすることはない。ただし、その人たちの資格取得者に話をする機会が多くなっているので、記事として残しておくほうがいいかなと考えて投稿した。

気分の悪くなった人にはお詫びします。
独立当初、僕が何をやっていたかはこちらでお話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

あなたの仕事スタイルを分析して評価をあげる方法

仕事におけるあなたの行動と価値観を分析するアセスメントツールで、自分の評価を上げる仕事スタイルを知りたい人はいませんか?


「社内で自分と能力がさほど変わらないと思う人の評価が自分よりも高い」
という事はありますか?

もしそうであればそれは上司とあなたの仕事における行動スタイルの違いが理解できていないがために、
自分の仕事スタイルの表現方法を間違えているのかもしれません。
しかしただ上司に合わせることだけではあなたの仕事のパフォーマンスも低下します。

まずはあなた自身の仕事スタイルとその強みを理解することが重要です。
仕事環境における「行動特性」を数値化し、15タイプの人材分析に落とし込むことができる
「DiSC」を活用することで、あなたの仕事スタイルの強みをまずは理解してみましょう。

やっていただくことはシンプルで、インターネットを通じての24問の選択解答を行うだけです。
10分程度で分析が可能です。

DiSCについてさらに詳しくご説明します

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 池袋ファミリー整体院 竹本淳一 より:

    こんにちは、西澤様のリンクより到着しました。

    いやはや辛辣ですが、支持します。交流会に行っていた時に
    ダメダメオーラが目の不自由な私にも伝わってくる!
    自称コーチ、自称カウンセラーさんが結構いました。

    無料でやります!って言うから
    「自信を持って1000円、2000円とか、たとえ少額でも取ったらどうですか」
    なんて言うと
    「いや~まだ修行中ですから~」
    と自信なさげにぼそぼそと言われ
    「悪いけど今の貴方からわざわざコーチングだのカウンセリングだの
    受ける気にはならねえっす、こっちがパワー吸い取られちゃいそう」
    と感じてしまう人が多かった・・・・

    だから!コーチング、カウンセリングは結局
    クライアントからちょびちょびお金を取るよりも
    コーチング・カウンセリングで独立したいと夢見る人から
    お金を授業料名目でガサッと取って成り立っているいるビジネスなんだ!

    と思われて普通の人はますます近寄りがたい存在になってしまう。
    私にはそう感じられました。

    たまにたちよらせてもらいます!!

コメントを残す

*