2015年 12月 の投稿一覧

40代で転職に成功するための、部下を指導する上司の6つの心がけ

hand-819279_960_72040代で転職に成功しようと思うなら、マネジメント能力が問われる。

マネジメント能力と言うと、仕事の進行管理や部下のパフォーマンを向上させるというテクニカルな面が強調されるが、実際は人間臭いものだと考えている。

平たい話をすると、部下をやる気にさせるというのがマネジメントの肝で、テクニカルな管理やシステチックな役割分担は逆効果になることが多い。

経営コンサルタントとして現場に入っていると、戦略が正しくてもスタッフのやる気次第で、成果が全く違ってくるという現実に直面する。

 

この時に、立ち戻って考えることは、マネジメントとは人間に対して行われるものだということだ。

 

この記事では、マネジメント力を高めたい上司向けに、部下の指導方法について解説をしたい。

 

続きを読む

劇的に営業スキルを向上させるヒアリング力を活用する8つのポイント

child-164492_960_720昨今、「売り込む営業」の効果が薄れていると言われている。しかし、売れる営業マンはやっぱり売れているわけで、セールストークを磨くことは悪いことではない。話が上手いというのは才能だからだ。

しかし、話す才能がない人が話し方を学んでも、本人的には上手くなるかもしれないが、世間的に見れば中の下の営業マンでしかない。

話すことが得意でなければ、逆をやればいい。

つまり、聞くということで、話して売れない営業マンはトークではなく、「ヒアリング力」を鍛えることで売れる営業マンになることができる。

 

この記事では、売れる営業マンのヒアリングについて解説する。

 

続きを読む

40歳 営業の転職成功のカギは、顧客をクライアントにする5つのポイント

personal-791345_960_720顧客が情報を持つようになってから売れる営業マンのスタイルは変わっている。

以前は、セールストークに優れた営業マンがトップ営業マンだった。しかし、場合によっては顧客は他社情報も仕入れており、営業マンよりも交渉上手だったりする。しかも、顧客の仕入れた知識が間違っていることも珍しくなく、どんなに営業マンが間違いを正そうとしても顧客の気持ちは変わらない。

こうした昨今、「売らない営業」が主流になっている。

 

もちろん、売らなくても勝手に買ってくれるということではなく、「直接売らずに、買いたくなった時に何度でも自分から買ってくれるようなクライアントを創る」というのが正しい見解となる。

 

この記事では、「あなたから買いたい」と言ってくれるクライアントを創っていく方法をお伝えする。

 

続きを読む