なぜ、あの上司とのコミュニケーションがうまくいかないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ものわかりの悪い上司の下で、望まない仕事をしなければならない。

がんばっているのに評価もされず、些細なミスを大げさに言われる。

上司 コミュニケーション

会社にプラスになる提案をしたら、「これは会社の決まりだから」と理由になっていない理由で却下され、「余計なことをしないで言われたことをやりなさい」と言われる。

「何のために働いているのだろう?」

そんな悩みを抱えているとしたら、それはあなただけではない。

人間関係に悩んだらどうすればいいか?

異動を希望しても叶えられず、下手をしたら社内での立場がいっそう悪いものになってしまう。転職も、景気が決していいとは言えない状況の中では勇気がない。

会社を辞めることができればいいのだが、生活を考えれば結局、会社に残るしか道はないと考えると、絶望的な気分になってしまう。

このサイトでは、年収を上げる転職方法についてお話ししているが、前の会社が嫌だからとか、評価されていない状態で転職活動をすることをすすめてない。

 

前の会社での不満を持っている人は、次の会社へ転職をするのが難しくなる。

前の会社で不満があるということは、採用側はここでも同じことを考える可能性があると思う。

 

転職は転職をする必要のない人が評価を上げる。

 

だから、上司との人間関係に悩んだら、逃げずに解決をすることをおすすめする。

しかし、物事はそんなに簡単ではない。

急に解決ができない時は、少し力を抜いてみてはいかがだろう?

上司の悪い点ではなく、いい点を見てはどうだろう?

 

あなたと相性が悪いとしても、上司には家族があり、可愛い子どもがいるかもしれない。

彼は彼なりにがんばっているのだと考えてみたらどうだろう?
自分は彼の犠牲になっていると思い始めたら黄色信号だと考えていただきたい。

それは上司の一面しか見ていないことになる。

 

■ 上司との関係がギクシャクするのは、期待する結果が違うから

「生活のために働いている」

時々、こんな話を聞くのだが、サラリーマンであるだけの一生では生活ができたとしても、むなしさが漂いはしないだろうか。

もちろん、自分を冷静に家庭のために働く仕事人間と分析できているのなら、それでもいいだろう。
自分の仕事に生き甲斐や誇りを持つ。それはそれで素晴らしいことだ。
ただ、その際には、しっかりとした目標を持ってほしい。
そして、目標実現のために毎日少しずつでも前進しようと思うことだ。もちろん、

計画どおりにいかないこともあるだろう。そんなときには、あまり計画にはこだわらず。ちょっとした休憩をしてもいい。

何ごとも一本調子には進まないものだ。できるときから、また始めればいいのである。この程度の気楽さが必要だ。

上司との関係がギクシャクしているとしたら、それはお互いの期待する結果が違うからだ。

上司にどう思われているのか気になってしまう。
ふだんはそうでもなくても、ときどきこういう状態におちいることはないだろうか。

自分の仕事に対する他人の評価が気になり、また他人のしている仕事がうらやましく思えたりする。

「上司は私のことを認めてくれているのだろうか」
「自分はまわりからデキると思われているだろうか」

さらには、「こんな企画を出しても、バカにされるだけだろうな」「どうせこんな提
案は通らないさ」と、自分の気持ちよりも他人の評価を優先して、行動に自主規制をかけてしまう。当然、自分のことは卑下して見ることになる。

こうなると大変だが、解決方法は意外とシンプルだ。
まず、余計なことは考えずに、今やるべきこと、与えられていること、やりたいことをきっちりとやることである。

 

自分に対する評価は自分自身で下すものだと、自らを納得させることだ。自分がいいと思っていればいいじゃないかと、自分に対してほどよい居直りをする。人間というのは、他人のことばかりを気にしているうちに自分を見失ってしまうものである。

上司の基準の中で悩んでも解決策は浮かんでこない。

どちらかの基準に合わせるのではなく、共通の理解を作ることがコミュニケーションを円滑にする方法となる。

 

■ 逃げ出す前に身に付けていただきたいコミュニケーション能力

どんな人間関係の悩みがあったとしても、あなたの責任ばかりではない。しかし、相手の責任だけでもない。

人間関係の悩みとは、コミュニケーションのエラーのことだ。

コミュニケーションエラーは、お互いがお互いののポジションを譲らない状態では解決ができない。しかし、相手のポジションを動かすことには無理がある。

動くのは解決に向けた努力をする側であり、それはあなたになるのだけど、決して自分を犠牲にすることなく、俯瞰的な視野を持つことが大切になる。
自分を理解し、相手を理解し、お互いが望む結果を得るための「共通言語」を作る。
それが私たちの提唱しているコミュニケーションスキルである。

もうだめだと思う前に、人間関係のコミュニケーションスキルを身に付けていただきたい。
実は、転職して年収1000万を超えるサラリーマンの必須のスキルは「コミュニケーション力」である。

コミュニケーションとは、相手に合わせて巻き込まれない。
成功するサラリーマンのコミュニケーションスキルに関しては、こちらのセミナーでお話ししている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料セミナー 年収1000万のサラリーマンになる
3つのポイント

今の評価と報酬に満足していますか?


このセミナーでは、「カネなし、コネなし、資格なし」(でも、一応やる気はある)サラリーマンが年収1000万になる方法をお伝えしています。
・実力そのままで収入を上げる方法
・上司や周囲を協力者にするコミュニケーション方法
・自分の仕事スタイルを最大限に活かす方法

など、別所諒が実際にやってきた方法を60分に渡りお伝えしています。

諦めてしまう前に一度セミナーをご覧ください。


動画のサンプルはこちら





スマートフォンから再生する場合はこちら


本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*