年収1,200万以上で、年収300万円以下の生活をする男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年収1000万ある知人の話をしよう。

彼は、フリーランスで仕事をしていて、推定するに月額100万円以上稼いでいる。はっきりした金額はわからないけど、年収は1200万円以上ある。(年齢は僕と同じ45歳)

 

しかし、生活に使えるお金は300万円以下。
この話をすると、すいぶんと固くお金をためているケチな人間を連想するかもしれないけど、彼の場合は少々違う。

一風変わった知人の話と僕から彼へのアドバイスをご紹介する(本人には了承すみ)

 

 

1,200万円の使い道は?

フリーランスで仕事をする彼の口座にはクライアントからの報酬が毎月100万円以上振り込まれている(らしい)

原価のかかる仕事ではないので、売上のほとんどは利益をして残るので、彼は100万円を使えることになる。ところが、狭いワンルームに住み、生活も質素だ。しかも、預金は50万円。

一体、お金はどこに行っているのか?

ギャンブルでも投資でもない。

別れた家族への仕送り+家族の住む家の住宅ローン+借金+で毎月80万円以上。年間960万円。個人事業主なので、所得税と事業税に消費税が年間に150万円程度。住民税が60万として、年間に1,160万円が外に出る。

収入が100万円を超える月もあるので、ならせば年間300万円程度は自由に使えるということだ。(彼の年収は1,500万円程度かと類推できるが、本質的ではないので言及しない)

彼は自分のことを話さないタイプなので、ほとんど人に相談することはないようだが、何かの拍子に人に話すと、誰もが「家族への支払を減らせ」というアドバイスをするらしい。

こうした求めてもいないアドバイスが嫌になって僕に相談をしに来たわけだけど、僕は無料では話をしないので、それなりの回答が必要になる。

さて、僕はなんとアドバイスをしたのか?

答えは、「もっと稼げ!」ということ。

 

苦労している自分に酔っていないか?

まずは、自分の状況をどう考えているのかということ。

月収100万円というのは悪い数字ではない。しかし、そんなに稼いでいるわけでもない。
ただそれだけ。

その上で、稼ぎの大半を自分以外のことに使っている。
ただそれだけ。

ストレス

しかし、本当に自分のこと以外に使っているのだろうか?

そんなに悪い稼ぎではないのに、年収300万円の生活をしているという自分に酔ってはいないか?

たいした稼ぎでもない年収を評価されたいのか、
家族に払っている(あえて払っているという)金額をすごいと言われたいのか。

家族のためと言いながら、苦労している自分を演出することで、誰かに英雄視してほしいとしたら、それは自分のためにお金を使っているのと同じだ。

世間で言われている慰謝料の相場は100万円~500万円のようだ。請求されていないなら支払う必要のないお金だ。

養育費は、算定表というのがあって、君の場合は、年収1,200万円とすれば、子ども一人あたり10万円~12万円となっている。確かに相場に比べたら多い。
(家庭裁判所が出している算定表というのが本当にある。僕のこの件で知った:笑)

だから、何だというのか?君が決めて君がお金を使っているのだから、世間の相場と君の状況は、関係がありそうでない。
ちなみに、マイケル・ジョーダンは、本当か嘘かは定かではないけど、離婚の慰謝料に190億円超支払ったと言われる。

マイケル・ジョーダンと自分は違うって?

その通り。

同じく、世間と君も違う。

僕からすれば、君が収入の大半を家族のサポートに使っているという事実に、何の関心もない。僕は君を英雄視もしない。まずは、ここをきちんと理解してほしい。理解できるなら、アドバイスを続ける。

 

欲を持て!

次に、君は今の状況に何を感じているのかということ。

300万円の生活に不満がないなら、今のままでも何の問題もない。

しかし、そんなのは嫌なら、支払いを減らすかもっと稼がないといけない。

君が減らすのが嫌だと言うから、もっと稼ぐ方法を考えよう。

結論から言えば、お金を稼ぐために必要なのは、「欲を持つ」ということになる。

この話をすると、「欲」は誰でも持っているのではないかと言われるけど、そんなことはない。「できれば欲しい」というのは欲じゃない。「どんなことをしても手に入れたい。」と強く願うのが欲だ。

君の話を聞いていると、英雄視されたいばかりに、欲に欠けているように思える。

欲を持って、それを手に入れるためにどんな努力でもするというのは、結構大変なことだ。多くの人はできないし、今の君もできていない。

どうだろうか?

心からの欲を持つことができるだろうか?

僕が知っている君よりもお金を稼いでいる人は、どんなに綺麗なことを言っても、君よりも強い欲を持っている。ここに例外はほとんどない。

ただし、欲は自分のためだけでなく、誰かの役に立つものであることも共通点だ。

 

心の底から、未来の自分の姿をイメージできるか?

欲を持った後にすることは、稼いでいる自分の姿を明確にイメージできるかどうかだ。

イメージは鮮明で具体的でないといけない。君はどんな仕事をして、お客を持ち、いくら稼いでいるのか。他のイメージは全く必要ない。間違っても、今のままとか、少しよくなっているような状況を連想してはいけない。

それは君の弱さだし、自分を信頼していないことになる。

仮に、目標を年収2,500万円にしてみようか。それでOKかな?

君が0から今の稼ぎを得ることができたなら、今の稼ぎを維持して、もう一度、0から稼げばいい。今の稼ぎを基準としないで、もう一度、0からやればいい。しかも、前と同じことをするのだから、そんなに難しいことはないはずだ。

「今の仕事をやる時間がいるので、同じことはできない?」

もちろん、それはわかっている。だから、寝る時間は少々少なくなるだろう。休みもないかもしれない。そこは努力しないといけない。ただし、同じことを繰り返すにしても、前よりは上手にできるはずだ。

後は、仕事をこなすために自分のキャパシティを自分で大きくすることが必要になる。

君は1,200万円の人でなく、2,500万円の人になればいい。
世の中には、1兆円のお金持ちもいる。

心配しなくてもいい。イメージは実現すると偉い人は言っている。君も成功哲学を読んだことがあるだろう。君自身の人生を使って、実験すればいい。

 

目標の金額を一瞬でも忘れるな!

イメージを持つことができたら、今度はイメージを「持ち続ける」ことが大切だ。

人間に備わっている便利だけど、成功のブロックになる機能が、「忘れる」ということだ。

悪いことは忘れればいい。しかし、よいことは忘れてはいけない。イメージを忘れてはいけない。そのための工夫が必要だ。

よく、「目標を紙に書いて持ち歩け」と言われるけど、あれは有効だ。ただし、イメージを持ち続けることが前提だ。少しでも妥協してもいいかなんて考えたら、人間はそっちに流される。流されてしまうと、目標の達成を妨げる紙を持ち歩いていることになる。

紙なんか必要としなくなるほど、イメージが定着したら目標は80%ほど達成したと思ってもいい。

 

悲壮感をなくせ、どんな時も楽天的でいろ

アドバイスも終盤に近付いてきた。

最後からふたつめのアドバイスは、悲壮感をなくすということ。

どんな時でも、明るくいないといけない。

例えば、成功している状態は、どんな状態だろうか?
逆に失敗している状態は?

おそらく、成功は楽しく、失敗は暗いはずだ。

では、成功の色は?
失敗の色は?

年収1000万

おそらく、成功の色は明るく輝いているはずだ。
失敗の色は暗くよどんでいるはずだ。

なら、君は明るく、人から見た時に明るく、輝いている色を連想させる人でないといけない。

暗い気持ちで明るいものは手に入れることはできない。

苦しい時には、何もしなくても悲壮感が漂う。苦しいと思うことがあっても、楽天的になるのはパワーが必要。

明るさというのは、武器になる。

決して忙しいと言ってはいけない。
人は君に仕事を頼まなくなる。

疲れたそぶりも見せてはいけない。
君に仕事を頼む人が遠慮してしまう。

チャンスは人が運んでくるなら、どんな時でも、自分にも他の人にも明るい顔をしていないといけない。

もしも、君に悲壮感があるなら、家族が悪い人になってしまうよ。彼女には、何の責任もないはずだ。君が払うと決めた金額を受け取っているだけなので、君は明るい気持ちで家族をサポートすればいい。

 

健康に留意しろ。倒れる前に事業化しろ。

最後のアドバイスになる。

それは、健康でいろということ。

君はフリーランスだから、君の頭と体が君の資本になる。つまり、稼ぎのネタだ。今のところ、体力はありそうだけど、これを損なってはいけない。だから、食事はきちんと摂らなければいけない。できれば睡眠も大切だ。体を鍛えるのもいいね。

寝る時間を減らせと言ったけど、どこでも寝ることができるのは才能のひとつだ。

眠れない、食べられないというのは、君の終わりを意味する。

なぜなら、たとえ健康を害しても君は稼がないといけない。それは君の絶対条件だ。君自信が資本である以上、君は働き続けないといけない。この話をすると、「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んでいる人は笑うだろう。しかし、君はキャッシュフローを止めることができない。

もちろん、いつまでも若くない。すでに46歳という年齢で僕が話しているがんばり方をすることが大変なのは、同じ年の僕がよくわかっている。がんばり続ければ、いつから倒れてしまうこともあるかもしれない。だから、倒れてしまう前に、自分のやっていることを「事業」にしなければならない。

ただし、この相談は次にしよう。

どこかで聞いたことばかりだという顔をしているね。確かにその通りだ。しかし、君が知っていてわかってなかったこと、できていなかったことじゃないかな?

僕はそう思うのだけど、どうだろう?

 

料金はまけないよ。僕にも「欲」はあるからね。今の時間が君の役に立ったなら、請求書を送らせてもらう。
以上が僕のアドバイスだった。

 

彼がその後にどうなったか?

それはまだわからない。つい最近のことだから。
最後に聞いたことだけを付け加えておく。

 

番外編(相談料:無料)

「ところで、次はどんな人と一緒になるんだい?」

「お金を稼ぐことができる人がいいかな。でも、それを当てにしているわけじゃない。感覚は自分と似た人がいいな。」

「そんな人がいるのかな?少なくとも、世間からは変わって見えると思うけど。」

「そうだね。」
何となく、彼の言わんとしていることは僕にもわかる。しかし、パートナー選びにアドバイスはできないので、それ以上、僕が話すことはない。

 

「僕には、君と似た人じゃなく、君が苦しい時に唯一苦しいと言える人が必要なんじゃないかと思うけどね。君といるなら、心身共にタフでないとだめかもしれないけど(笑)」

これは僕の感想。アドバイスではない。だから料金はもらっていない。
お金だけが幸せではない。だからと言って、お金が必要ないわけでもない。

彼を通して、僕も学んだ気がする。
彼が幸せになることを願う。

 

別所諒の特別セミナーフリーランスで稼ぐ方法のDVDはこちら

 

別所諒のコンサルティングのご相談はこちらからお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

個人ブランドで独立するなら知っておきたい落とし穴をまとめた小冊子プレゼント

コンサルタント、セラピストなど
自分ブランドで独立する人が落とし穴にはまらないために知っておきたいこと。


本小冊子は、3匹のねこを題材に物語形式で執筆しています。

dokuritu

「なぜ、ダイヤモンドをぶらさげたネコはねずみにおならをふっかけたれたのか?」

なぜ、クライアントが集まらないのか?集まってもお金を渋る人、依存してくる人しか集まらないのか?

別所諒が開業資金50万でスタートした事業を発展させることができている理由は?

優良なクライアントを抱えているコンサルタント、セラピストがやっていることがわかります。

15分で読める独立のコツ。無料でプレゼント。
メルアド入力でPDFを返信します。

無料小冊子はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*