年収アップの裏ワザ:ビジネスマンの見た目をよくする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メラビアンの法則をご存じだろうか?

人の行動が他人に及ぼす影響の割合は、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%であるというもの。

メラビアンの法則

実際の実験は、矛盾したメッセージを発した時に、人の反応を探ったものらしく、いわゆるコミュニケーションに関する影響力の割合とは違うようだ。

しかし、話の内容よりも、誰が言っているかが相手に対して影響力があることは確かなようだ。

要は、見た目が大事だということなのだけど、本当に分かっている人は少ない。

スタイルの良くない中年のビジネスマンが、スタイルをあきらめて、話の中身で勝負しようとしても効果は半減してしまう。
では、スタイルの良くない中年のビジネスマンが見た目をよくする方法は?

45歳の僕は、考えてみた。

 

 

人間の中身で勝負するための「ある条件」

現在、僕は170センチで63キロ。体脂肪率は13~15パーセント。

45歳のオヤジとしてはそんなに悪くない体型だと思う。体型を維持するために、ジムに通っているし、食事にも一応気を付けている。正直、見た目もかっこいいタイプではないので、ダイエットをしたところで、そんなにいいことがあるわけではない。

サラリーマン年収1000万

しかし、太っていることで大きなマイナスがある。そのことを僕はかつて経験している。

20代の後半から30代にかけて、僕は体重が90キロほどあったことがある。

170センチで90キロだとどうなるかというと、とくかく暑苦しい。というか、実際によく汗をかく。食事のときは顕著で、少し熱いものを食べれば汗が出るし、ひどいときは冷たいものを食べても汗をかく。

営業をしていたので、お客さんのところを訪問したら大汗。電車に乗ったら、冬でも暖房のせいで、またも大汗をかく。

満員電車で近くになった女性の嫌そうな顔を思い出しただけで、トラウマがよみがえる。

もうすぐ0.1トンな頃

もうすぐ0.1トンな頃

それでもダイエットをしなかったのは、「男は中身で勝負」と信じていたからなのだけど、中身で勝負できるためには、「条件」があることを当時の僕は知らなかった。

 

「見た目足切り社会」の現実

確かに以前に比べれば、人の個性が重視されるようになった。かっこいいだけがモテる時代ではない。

「性格がよければ好きになる」という女性も増えていると思う。

しかし、それは「足切りライン」の上にいる男性に限った話だと思う。

そう。性格がよければというのは、見た目が最低ラインを超えていればという条件が付く。

「見た目をそれほど気にしない」というのは、「気にしない」ではなく、「それほど」が重要なキーワードになるのだ。
別に太っている人を批判するわけではないのだけど、体重90キロの僕は、とにかく体が重い。ので、いつも「ハヒー、ハヒー、フー」という具合に息をしている。しかも、たいていの場合は汗をかいている。僕の場合は顔汗がひどかったのだけど、わきのあせもひどい。ブルーのワイシャツの時は、くっきりした汗じみ。

お客さんの前でも暑くて仕方がないのに、スーツの上着を脱ぐわけにはいかない。

休日は牛になっていた

休日は牛になっていた

相手がこちらの汗を気にしているのがわかったら、プレゼンどころではない。もちろん、相手もこちらの話を集中して聞いていない。

当時の僕は、話を聞いてもらえる前に、足切りにあっていたのではないかと思う。

その証拠に、3か月で25キロのダイエットを敢行した後のお客さんの反応は全く違ったものだった。

ちなみに、あまりに急激に痩せたので、知っている人には「癌だ」という噂が広がったのだけど、そんな噂も1か月ほどでおさまる。

付け加えると、僕のダイエットの方法は少々危険なものなので、あまりおすすめできず、ここではお話ししないことをご了承いただきたい(改めてどこかでお話しします)
話を戻して、見た目というのは本当に大切なのだけど、中年だからとあきらめてしまうと大変な損をしているかもしれない。

 

ダイエットに成功した後の落とし穴

めでたくダイエットに成功した後にも、落とし穴がある。

それは、服が合わなくなるということだ。

それまでのスーツを着ると、ぶかぶかになる。

これはカッコ悪い。せっかくのダイエットが水の泡だ。

スーツが高かったなどと言っている場合ではない。体に合わないスーツほど、見た目を悪くするものはない。
新しいスーツを購入する際に、注意をしてほしいのはオーダースーツを買うということだ

オーダースーツというと高いイメージがあるが、世の中にはオーダースーツの量販店というものがあり、3万円程度で購入することができる。既製服の量販店とさほど価格は変わらない。
安いオーダースーツは、生地がよくないこともあるが、高級な生地の既製品よりも、あなたを引き立たせてくれる。

もしもダイエットをしたくないなら、なおさらオーダースーツをおすすめする。

太っていても、体型に合わせたオーダースーツを着ると、全く印象が違う。騙しはしないので、お試しいただきたい。ただし、その後にダイエットをすると、そのスーツは着ることができなくなることをお忘れなく。

オーダースーツに加えて、カフスボタンを付ける。そして、常に靴をピカピカにしておけば(100均でも靴磨きは売っている)、相当に印象が変わる。

 

体型の基準は、ユニクロのレギュラーフィットをはくことができるか

次に、どの程度の体型になればいいのかを言う話なのだけど、僕はユニクロのジーンズやチノパンのレギュラーフィットがはけることだと思っている。

ツータックパンフではダメで、スキニーほど無理をする必要はない。

40代でユニクロのパンツをはくことができる人は、見た目で相当に有利だと思って間違いがない。

エグゼクティブほど、見た目を気にしている。しかしながら、本来、見た目を気にしなければならないのは、僕のような凡才だと思う。中身が凡才なのに、外からも凡才に見えてしまったら、ハンデを大きくするだけだ。

几才こそ、見た目を気にしよう。中身を磨くのはそのあとだと僕は自分の経験から言い切ることができる。

男性にしても女性にしても、いきなり中身で勝負してはいけない。見た目で足切りを食らえば、中身どころではない。そもそもが、自分の中身を相手に理解してもらうなど、虫が良すぎるのだ。

「おしゃれに自信がない」なんて言っている場合ではない。全精力を傾けて、見た目をよ
くしようと思う今日この頃である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料セミナー 年収1000万のサラリーマンになる
3つのポイント

今の評価と報酬に満足していますか?


このセミナーでは、「カネなし、コネなし、資格なし」(でも、一応やる気はある)サラリーマンが年収1000万になる方法をお伝えしています。
・実力そのままで収入を上げる方法
・上司や周囲を協力者にするコミュニケーション方法
・自分の仕事スタイルを最大限に活かす方法

など、別所諒が実際にやってきた方法を60分に渡りお伝えしています。

諦めてしまう前に一度セミナーをご覧ください。


動画のサンプルはこちら





スマートフォンから再生する場合はこちら


本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*