40代で年収1000万円の転職を成功させる3つの要素と6つのアクションプラン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

40代 転職転職は35歳までに行うべきものだと言われる。ところが、会社をリストラされるのは、それより上の40代になる。40代でリストラをされても、これまでと同じような待遇の求人はない。こんな状態では、40代のサラリーマンは落ち着かない。

しかも、子どもの進学などでお金が必要で、住宅ローンの支払があれば、会社にしがみつくなと言う方が無理だ。

その結果、社畜呼ばわりされてしまうのだかが、何のために会社に尽くしてきたのかとがっかりする。

ただし、これは一般的な考え方だ。

一般的ではない転職の方法で、給料を大幅に増やして40代の転職を成功させる方法はある。

40代の転職の成功法則を3つの要素と5つのアクションプランで解説する。

 

 

なぜ、40代の転職は難しいのか?

転職をするなら35歳までと言われるように、実際の転職者のデータを見ても、転職をしている人は、35歳以上になると極端に少なくなる。

転職者の年齢割合

参考サイト

 

しかも、転職をしているだけで、成功しているのか、失敗しているのかはわからない。

転職市場では、経験者が優遇されるが、「給料の高い」経験者は採用が難しい。日本の企業の場合、一度決めた給料は下げにくいので、高い給料で採用をして、使い物にならない場合の損失を考えたら、40代は採用しにくいと言える。

雇用対策法により、労働者の募集・採用時に年齢制限をつけることは原則として禁止されている。しかし、不採用の理由はどんな話でもできるので、「年齢不当」は参考にはできない。

40代のビジネスマンなら、当然そんなことはわかっているので、転職に踏み切れない。踏み切らない人が多いので、求人も少ない。

景気が右肩上がりの時代でない限り、やめる人が少なければ求人も少ない。要は、40代の転職市場は流動していないということになる。

1:求人数が少ない

2:給料が下がる求人が多いから応募ができない

そして、

3:チャレンジする勇気が出ない

実際のところ、一時的に給料が下がっても、成果を出して給料を上げればいいのだけど、そんな発想は難しいようだ。それは、給料は少しずつ上がるものという刷り込みがあるせいだと僕は考えている。

ただし、逆に言えば、転職を希望している人がいやいや会社にいるということは生産的でもない。

40代の転職が難しいのは、求人が少ないと同様に、若者でもできる仕事に応募をするからでもある。

兵隊の仕事は若者に任せて、40代のあなたは将校の地位を目指せばいい。
(体力で勝負をするのは不利だし)

会社に残ることが優秀さの証ではないなら、やめていない人が多くても、あなたにも十分にチャンスはある。

では、どのようにすれば、40代の転職を成功させることができるのかを考えてみる。

 

 

転職サイトでは40代の転職成功は難しい

40代の転職は既存の転職サイトで成功させることは難しい。

一方で、ハイクラスの求人を専門にしている転職会社もある。インターネットで検索をしていただきたいのだけど、相当数の会社にヒットする。

中には、登録をしないと先に進めないサイトもあるのだけど、ここでは登録は見送る。

登録をしなくても、募集案件を見ることができる会社があるので、40代で転職をしようと思うなら、「ハイクラス」の募集要件を見ることをおすすめする。

外資系、金融、コンサルタントなどの業種が並んでいるので、「普通のサラリーマン」である40代は委縮してしまうかもしれない。

 

ここで見るべきは、「職種」「社名」ではない。

見るべきは、「求められている仕事の内容」「レベル」である。

新規事業、マーケティング、チーム、マネージャー、プロジェクトなどの文字が並んでいると思うのだけど、まとめてみれば、会社もしくは部署全体の売上を上げる、部署を管理するという仕事がほとんどだ。

さらに、ここで着目したいのは、仕事の内容や社名でビビるような企業にも、その仕事を担えるだけの優秀な人材がいないということでもある。

どんな経営者でも優秀な人材を採用したくない人はいない。

ハイクラスの求人が市場に出ない理由は、転職サイトで募集をしても希望にかなう優秀な人材の応募が期待できないからだと言える。

だから、コストをかけても、「ハイクラス」な紹介会社に依頼するのである。

試しに、あなたが40代であるなら、ハイクラスの求人サイトに登録してもかまわない。どのレベルの仕事が求められているのか、知っておくとこれからの話を理解しやすいと思う。

あなたがハイクラスの求人に応募ができるなら、悩んでいないかもしれないので、ハイクラスの転職サイトでは転職が難しい40代が狙うのは、ハイクラスな求人会社に依頼をすることができない中小企業になる。

40代の転職の場合、中小企業への転職が成功しやすいと考えるのは、僕自身の経験と、現在コンサルタントして支援している企業の内情による。

ここがわかれば、40代の転職は、若手に得られないほど大きな成功になることもある。

年齢別に求められるスキルを調査したアンケートは次のようになる。

スキル

参考サイト

リーダーとしてより大きな成果を求められると感じている人が多い。

 

僕自身は41歳で独立をするまでサラリーマンをしていた。サラリーマン時代の後半の年収は1000万円以上だったのだけど、こうした転職は若手には無理だ。

転職をしたのは30代の後半だったのだけど、40代で転職をしていたら、最初からもっと多くの給料を提示されていたと思う。

 

40代の転職を成功させる3つの要素

bessyo年収1000万円というお話をしたので、僕がそれまでに何らかのキャリアを持っていたのかとお考えかもしれないが、白状しておくと、前の会社では「主任」という(30代で平社員はかわいそう)という役職の営業マンだった。

それがなぜ給料が2倍になる転職に成功したのかと言うと、僕が働いていた会社では当然だったことが、転職先に会社では「知らないこと」だったからだ。

具体的には、「印刷物のデザイン部署」を社内に作りたいということで、僕でなくても印刷会社に勤めていた人なら誰でもできることだ。

最終的に僕は40代の転職で年収1000万円以上になったのだけど、40代が転職で成功するために必要な要素は3つあると考えている。

それは、

マインド

スキル

見た目

となる。

では、それぞれを解説していく。

 

 

40代の転職を成功させるマインド―自分の中で自分の価値を高める

まず第一に、40代の転職が成功しない(転職活動に踏み切らない)理由は、自分の価値を低く見すぎているということになる。

仮に、今の会社で役職が低くても、それがあなたの能力だとは限らない。もちろん、逆もしかりなのだけど、そもそも評価を変えたいから転職を希望しているにもかかわらず、自分の評価を「現状」においてしまうと、元も子もない。

やったことがないことができないとは限らない。むしろ、やってみると、案外と簡単にできることも多い。

 

ある作家が、

僕はバイオリンを弾いたことがない。だから、弾いてみると天才かもしれない。

という話をしていたのだけど、40代の転職が難しいからこそ、やってみたらうまくいくかもしれない。

 

40代で転職を成功させようと思うなら、経営幹部として採用されると決める。

今のあなたがどうかということはあまり関係がない。自分が自分をどう評価するのかが大切だ。あなたが自分に期待しないなら、話は前に進まない。

もちろん、気持ちだけ高ぶらせても空回りするので、次に具体的なアクションプランを説明する。

 

 

40代の転職を成功させるスキル―6つのアクションプラン

 

・マーケティング思考を持つ

企業はお客さんに選ばれなければ存続できない。だから経営者は魅力的な商品やサービスを考え、お客さんに商品のよさを伝える努力をする。その際に、お客さんのニーズを聞き、商品やサービスに改良を加える。どのお客さんに気に入ってもらえるのかを日夜考える。

40代で転職を成功させようと思うなら、自分を商品としてマーケティングをする発想を持つことが大切だ。

自分の価値を最も高く評価してくれるのはどんな会社なのか、その会社に選ばれるために自分は何をすればいいのか、経営者と同じく日夜考えることが大切だ。

こうしたマーケティン思考があれば、転職先に会社に何を提案すればいいのかも自然に身につくので、転職をしてからも活躍をすることができる。

 

 

・人に教えることができる知識・技術をわかりやすく伝える

人に何かを教えるために、特別に高い知識やスキルが必要なわけではない。

 要は知らない人に教えればいいわけで、レベルが高いよりも、「わかりやすく教える」というスキルの方が重要だ。

あなたが知っている知識や持っている技術を必要としている人は誰だろうか?

 

 

・次の展開を読む先見力

あなたはリーダーとして転職をするのだから、リーダーに必要な先見力を身に付けたい。先見力とは先を見る力なのだけど、予言の類ではない。世の中は基本的に不可思議な方には行かない。

あなたが予想する未来は正しいはずだ。例えば、このまま成果もあげられずに会社にいたとしよう。その後に、あなたはどうなっていくだろうか?なんとなく予想はつくだろう。もちろん、リストラの対象になるのか、定年まで逃げきれるのかはわからない。

ただし、何かを変えないと未来は明るくないことがわかっているなら、今すぐアクションを起こす必要がある。先見力とは、先を読むだけでなく、リスクにいち早く対処するということだ。

 

 

・おだやかなコミュニケーション力

淡々と仕事をするというのは大切だ。熱意をもって仕事するのは大切だと言われるが、感情の起伏が大きいのはリーダーとしてはいただけない。ここでは人間力をどうこう言うつもりはない。

まずは、怒らずに仕事をするスタイルに慣れてみよう。

人は言えばわかる。厳しく言う必要はない。40代の転職には穏やかなコミュニケーションは重要な役割を持つ。

 

 

・プロフィールアップ

どこの大学を出て、どこの会社で何をしてきたのかは40代の転職ではそんなに重要ではない。重要だったとしても、すでにキャリアがないなら今から作ることはできないと考えたほうがいい。

ただし、安心してもいいのは、有名大学を出て、有名な企業から転職をしてきても使えない40代が多いので(40代に限らないが)、何をしてきたかよりも「何ができるのか」の方が重要になっている。

あなたがやることは、キャリアアップではなく、「できること」を増やして、自分をアピールすることができる「プロフィールアップ」だ。

 

 

・スマホを使いこなす

40代の転職が失敗しやすく、求人側が採用を躊躇するのは、システムに弱い人が多いからだ。40代ならパソコンが使えない人は少ないだろうが、スマホとなると使えていない人が多くなる。

社内の連絡形態だけでなく、顧客とのコミュニケーションもIT化されていく。遊びではなく、facebook、Lineが使えず、ブログなどが書けないようでは、古い人間と言われても仕方がない。

これまでのスキルだけで転職に成功しようと考えるのは難しい。スマホを触っている若手社員を見て、「時代が変わったな」と感じるようでは、仕事のスタイルが時代遅れになっている可能性がある。

ビジネスで使うツールは進化している。

タブレットで本を読み、情報収集ができるくらいにはなっておきたい。

年齢を重ねると脳が退化するというのは思い込みで、使わないから退化すると考えて間違いない。

先見力を発揮すると、世の中は便利になっていくので、電子デバイスを使いこなせないのは痛い。

 

 

40代の転職を成功させる「見た目」

太った人40代になると節制している人と怠惰な生活をしている人との体型の違いが大きくなる。

自分のお腹を見ていただきたい。

昔と比べて何キロ太っただろうか?

仕事ができる人というのは、体調管理だけでなく、体型の管理も行っている。

アメリカのエグゼクティブは体型が重要だと言われるが、それは日本でも同じだと思う。実際、ジム通いの40代は増えている。ライザップのCMを見てもわかるように、40代でも体型を変えることは可能だ。

腹筋を割れとは言わないが、スリムな体は相手の印象を良くする。

太っているならダイエットに励んでいただきたい。

ダイエットによって体型を整えたら、次はスーツを変えることをおすすめする。

体にフィットしていないスーツは、あなたを「できない中年」に見せてしまう。

また、型の古いスーツも「できない人」の象徴だ。

今着ているスーツが3年以上前のものなら、オーダー―スーツに変えていただきたい。

 

ただし、予算的な問題がある場合は、格安のスーツでも構わない。

生地がいいに越したことはないが、大切なことは体にあっているかどうかということだ。

見た目に関しては明らかに評価が変わるので、僕の恥ずかしい過去を題材に記事を書いているので、こちらを参考にしていただきたい。

 

 

40代の転職を成功させるためには、すぐに転職活動をしない

ここまで、マインド、スキル、見た目についてのアクションプランを提案してきたが、今からあなたがやることは転職活動ではない。

今の会社でアクションプランを実行するということだ。

今の会社に不満があったり、評価されていない人を採用したい人はいない。面接で隠したところで、雰囲気は隠せない。

 

幹部候補として堂々と待遇を上げて転職を実行するためには、今の会社で評価を上げていただきたい。

安心していただきたいのは、これまで話したことを実行すれば、必ず周囲の評価は上がる。

その上で、転職をする必要がなくなればそれでいいし、転職をするなら40代の転職にふさわしい会社が待っている。

騙されたと思って、3か月間アクションプランに取り組んでいただきたい。

自分でも驚く結果が出ることだと確信している。

 

 

まとめ:40代転職を成功させる人脈の作り方

成功既存の転職マーケットが35歳以下の求人がメインになっていること、ハイクラスの求人の競争率が高いことを考えれば、40代の転職は中小企業がおすすめだ。

規模の小さな会社に行くことにためらいがあるかもしれないが、役員クラスになると年収で1000万円以上ある会社も珍しくはない。

プロフィールアップの3か月を過ごしたら、あなたがやることは社長との人脈を作ることになる。

社長との人脈を作る方法はシンプルで、社長が出かけていく場所にあなたも言って名刺交換をすればいい。

社長が行く場所とは、セミナーや交流会。社長でなくても行っていいのかと思うかもしれないが、全く問題はない。なぜなら、あなたはあなたの雇い主なのだから。

自分の経験を踏まえて、40代の転職成功のカギは、優良な中小企業に幹部として入社することだと断言する。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

能力そのままで年収1,000万円の転職をする方法

転職エージェントが教えない転職の極意を伝授。

表紙

年収1,000万円の転職を可能にする10の極意。
無料レポートを差し上げます。

無料と言ってもA4 60ページのボリュームがあります。

転職を考えたら、今すぐお申し込みください。

 「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」


著者 別所諒


無料レポートはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*