中小企業に転職する際、会社選びとは社長選びである

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普通のサラリーマンが年収1000万になる確実でリスクの少ない方法は、中小企業の役員になるということだ。

では、どんな会社に転職をすればいいのかという話になるのだけど、中小企業の場合、会社選びとは社長選びになる。

会社の選び方

仕事内容ではなく、社長のキャラで会社を選ぶ。

同じ業種の会社でも、社長のキャラクターで全く違う。

ちなみに、社長との相性も大切だけど、もっと重要なことがある。

 

社長を立てれば関係は長持ちする

社長を見れば、会社の将来がわかる。
サラリーマンをやっている時は、わからなかったのだけど、コンサルタントになって気づいたのは、社長だからと言ってそんなに優秀ではないということだった。

もしかしたら、あなたのうすうす気づいていることかもしれない。

しかしここで重要なことがある。

それは、そんなに優秀な社長でないからと言って、ほんの少しでも見下げた態度を取ってはいけないということだ。仮に優秀でなかったとしても、その人は社長であり、中小企業の場合、ほぼすべての決定権を持っていることを忘れてはいけない。

会社というのは、社長で決まるということは、あなたの運命も社長が握っているということになる。

中小企業で年収1000万のサラリーマンになるためには、社長を立てること。これは絶対条件になる。ただし、立てるのとゴマをするのは違う。

 

 

その社長に何が足りないのか?

完璧な人間はいないと言われるように、人はどこかが欠けている。

要は社長に欠けているところを補うことができれば、あなたの評価は上がる。

ただし、社長によって「足りない」の認識が違うことがあるので注意が必要だ。

1:自分でやろうと思えばできるけど、忙しくてできないので誰かにやってほしいと思っている場合

2:自分にその能力が足りないと思っている場合

多くの場合は1になる。

能力があるかないかは別として、自分は何でも人よりできると考えている社長は多い。この場合、社長が何に最も興味を示しているのかを知ることをおすすめする。

例えば、「営業」に興味があるなら、自分が考える営業スタイルを社員にやってほしいと考えていると推測できる。その場合は、社長の望む営業スタイルを実践して成果を出せばいい。ただし、仕事スタイルが違う場合は、あなたのストレスを増大させるのでおすすめしない。その社長は仕事をしてはいけないタイプだと考えることができる。

また、戦略好きな社長は企画書の作成を望む。ただし、自分で作成するのは面倒なので、PowerPointが得意であれば、あなたの評価は上がる。

あなたの評価が最大に上がるのは、2の場合で、社長が自分に足りない能力を認めている場合だ。こうした謙虚な社長はあなたを大切にしてくれるので、仕事もやりやすい。

 

システム系に強い人は有利

いろんな会社を訪問していて感じるのは、中小企業にはシステムが足りないということだ。

営業が伝票に入力して仕事が進む。ただし、経理が請求書を発行するときは、手配書をプリントして手入力をしているというような話は珍しくない。

同じ作業を複数の人間がやっていることが多く、データが流用できるようにシステムをつなぐことができれば評価が上がる。

社員数100人の会社でもエクセルやアクセスを使っているところもあり、基幹システムとしては恐ろしいくらいに脆弱な形で運営されている。

こうした会社にシステムを導入できれば、飛び級の出世も期待できる。

ただし、外部に委託して大きな予算を必要とする提案は逆効果になる。

あくまで、あなたがシステムを構築できる場合に限る。もちろん、基幹システムが無理であれば、サーバー管理などの仕事の効率化の提案でも十分に効果はある。

 

 創業者と二代目社長との違い

創業者はワンマンで二代目は控えめというのが、一般的な評価であろう。もちろん、そうでない場合もある。

しかし、役員の出世しようと考えるサラリーマンが押さえておきたいのは、どんな社長でも自分を否定されるのは好まないということだ。

その上で、社長が何を望んでいるのかを理解することが大切だ。

会社を成長させたいというのは少々抽象的。

・売り上げを上げたい
・利益を出したい
・社風を洗練されたものにしたい
・システムを構築したい

それぞれにビジョンがある。

まずは、あなたが社長のビジョンを正確に把握することから、評価される仕事をやっていくステップに入る。

いい社長・悪い社長を見分けるポイント

社長のビジョンを理解したら、社長に近い位置で働ける会社のほうが、能力を評価されやすいと言える。

だから、取り立てた能力のないサラリーマンは中小企業で働くべきだと思っている。
しかし、会社が小さければいいのかと言えば、もちろん違う。吹かれて飛んでしまう会社では元も子もない。

では、どんな会社なら失敗はないのだろうか。損得で会社を選んでしまうのではなく
好き嫌いで辞めたくならない会社選びの特効薬はあるのか。

会社というのは、社長で決まる。最終決定を社長が行うので、キャラクターが反映されるのは当然。だから、いくら給料が高くても、社長の考えについていけないところでは、イヤになってしまうこともある。

ということで、社長の選び方のガイドラインをお話しする。

まずは、おしゃれでない社長はおすすめしない。

外出する時に、小脇にはセカンドバックを抱えている社長は危険だ。しかも、セカンドバックがブランドものならさらに危険度は増す。

また、髪形が変な社長も注意が必要だ。
年代物のダブルスーツも危ない。

こうした社長は、すべて自分の独断で物事を進める可能性が高い。

例えば、部長のファッションが変だと社長が注意をする。しかし、社長のふぉっしょんが変だとしても誰も注意ができない。水商売のママなどが注意をしてくれそうなものだが、話にくい社長には注意もしない。

つまりは、人の忠告を聞かないタイプであると予想できる。

よいと思う意見を言っても「俺の言うとおりにしろ!」と言われかねない。

反対におしやれな社長は、見られることを意識している。自分のセンスに自信がない場合は、イメージョンサルタントをつけている。このタイプの社長は、柔軟性があると予想できる。

社長の柔軟性があるなしは、昔の写真と今を比べれば一目瞭然。ファッションセンスの悪さが、変わっていない人は柔軟性がないと言える。

もうひとつの見分け方は、ビジネスモデルについての考え方となる。

見分け方は次の2つになる。

① 下請けではなく、ユーザーとの窓口がある
② 今後発展する可能性を感じる商品を販売している

経営の重要な要素は、お客様と商品。だから、下請けではなく、ユーザーとの窓口があり、今後発展する商品を販売していなければならない。

仮に、発展賞な商品がないなら、作るように努めているかどうかが問題。

あなたが、「作る」ことに貢献できれば、評価も高くなる。
もちろん、給料も上がるので、この会社は入る価値がある。

どんなに儲かっていても、新しいことをしないで、このままの状態がこのまま続くと考
えている社長の下では働かないのが賢明である。

サラリーマンの人生は長いと知るべしだ。

その時に給料につられれば後で後悔することになりかねない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料セミナー 年収1000万のサラリーマンになる
3つのポイント

今の評価と報酬に満足していますか?


このセミナーでは、「カネなし、コネなし、資格なし」(でも、一応やる気はある)サラリーマンが年収1000万になる方法をお伝えしています。
・実力そのままで収入を上げる方法
・上司や周囲を協力者にするコミュニケーション方法
・自分の仕事スタイルを最大限に活かす方法

など、別所諒が実際にやってきた方法を60分に渡りお伝えしています。

諦めてしまう前に一度セミナーをご覧ください。


動画のサンプルはこちら





スマートフォンから再生する場合はこちら


本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*