なぜ、行動する人は3%なのか?

世の中には、「できる人」になる方法論がたくさんある。方法論は多岐にわたるが、僕は方法論を伝えている側の考え方が重要だと思っている。

行動コスト僕もかつて言っていたのだけど、最近、禁句にしている言葉が、「結局は行動をするかどうかだよね」というもの。

そんなことは当たり前で、人間、うまくいくことが確信できれば、行動しないでいられないことも当然の原理。人が行動しないということは、そこに動機付けが足りないか、方法論に改良の余地があるということだ。

何らかの「行動」をすることで支払うコスト(時間か金額)に対して予測できる結果がコストを下回る場合。

行動をしても、能力が足りず、期待する結果が得られないと予想させるばあい。結果が得られない理由は、自分の問題と環境の問題に分かれる。

つまること、成功法則というのは、

・支払うコスト以上のリターンが予測される

・高いスキルを必要としない方法であること

・自分の成功を阻害しない環境において実施する

という3点の条件が必要になる。

これはなかなか難しい。だから、僕は長いこと、完璧な「できる人になる」方法を考えているわけなのである。

 

続きを読む

できない人をできる人にする世界で最も確実な方法

世の中には仕事ができる人とできない人がいて、できない人はできる人になりたいと切に願う。ので、「できる人になる」方法論は巷にあふれている。しかし、すべてのできない人ができるようになるための方法論としてはどれも不十分だと思っていた。

そもそもが、「できる人」という定義があいまい。人によって評価基準が違うし、仕事をしている会社で求められることが違うので、どんな人ができる人なのかを定義するのが難しいというのがその理由。

しかし、僕が知る限り、男女問わず「できる人」というのは、どこに行ってもできる人と評価されているし、逆もしかり。そんなことを考えれば、「できる人」とは何かを定義できそうだ。

どこに行ってもできる人がいるということは、人の頭に「できる人」という基準が存在していると考えることができる。

ならば、人の頭に刷り込まれた基準を具体化して公式に当てはめれば、「できる人」のひな形が完成する。後は、ひな形に沿って自分を形づくれば誰でも「できる人」になることができる。

そこで、僕は「できる人=相手が価値を感じる人」と定義をしてみた。

まず、ここで考えなければならないのが価値とは何か?

 

続きを読む

恋愛工学:マレーの数式と会社の離職率と自分と仕事の密接な関係

Wt+1=W+rwWt+Ihw(Ht)

GTY0002501401これはマレーの数式と呼ばれるものらしいのだけど(意味がわからないので、記号に誤りがあるかも)最近は恋愛も数式で表されるようだ。どうやらこの数式でカップルの離婚確率がわかるらしい。

この数式を解説した内容を転載すると(クーリエジャポン10月号参照)、左辺のWt+1は「妻の態度のポジティブ度合」で、右辺Wは「妻の総合的な気分」、rwWtは「夫と一緒にいる時の妻の気分」、Ihw(Ht)は「妻が夫の行動から受ける影響」となるようだ。

ややこしいので日本語にまとめると
「妻のポジティブ度合=妻の総合的な気分+夫と一緒にいる時の妻の気分+妻が夫の行動から受ける影響」となりポジティブ度合が大きいほど安定した関係を構築できるという。ので、家での会話は妻を配慮して、怒らせるような態度を取らないことが鉄則なのだけど、会社と自分、仕事と自分の関係性にも当てはまるのではないかと思ったりする。

 

続きを読む

リスク0という選択肢はあるか?をスポーツで考える

「転職はリスクがある」リスク2

「独立はもっとリスクがある」

今の仕事が嫌だと言う人に環境を変えることをすすめると、同じような話をされる。

「なら、そのままでいいんじゃないですか?」と話すと(僕は行動を促したりしない。行動する人だけを支援すると決めているから)、「それは嫌だ」という話になる。

ここで、「じゃあ、どうしたいんですか?」なんて野暮なことは聞かない。

リスクなく、転職か独立をしたいと思う気持ちはわかる。

ので、一歩立ち止まって、リスクなくすべてがうまくいくというような都合のいい話があるかどうかを考えてみる。

考えてみると案外となくはない。

実は、ほとんどの場合、「リスク」についての考え方を間違っていることが、行動できない原因となっているからだ。

続きを読む

なぜ、40代のサラリーマンはお金が貯まらないのか?

二人以上で暮らす世帯の平均貯蓄額は、1182万円(有価証券、保険も含む)ということらしい(「家計の金融行動に関する世論調査」2014年)。
そんなに貯蓄がない!という人もいるかもしれないが、あくまで平均なので、100億円の人がいれば平均値は上がる。で、中央値という指標(少ない方から数字を並べて人数の真ん中にくる数字)を使うと、400万円ということになるようだ。
これなら自分も持っていると感じる人も多いかもしれないけど、400万円という金額がどのようなものか考えてみる。
男性サラリーマンの平均年収の中央値は456万円となっているので、仮に失業をして収入がなくなったとしたら、約1年で生活が行き詰ることになる。
 という現実を目にすると、「お金が貯まらない」という悩みも深くなって当たり前。
ということで、なぜ、お金が貯まらないのかについて行動経済学の知見を用いてお話をする。

続きを読む

40代がブランドビジネスマンになる 4ステップパワーキャリア

サラリーマン ヒーロー「仕事ができる人は自分のブランドを持っている」

僕がこれまで見てきた「仕事ができる人」の共通点だ。

ビジネスにおいて、ブランドとは何かとお話しすると、自分の専門分野を確立しているということになる。

例えば、

松下幸之助さんの、「経営の神様」というのは大きすぎるとしても、「ナンバー1マーケッター」「超一流の年収を稼ぐスーパービジネスマン」「仕事が取れる名刺づくりの専門家」という具合に、仕事ができる人は何がしかの「呼び方」を持っている。

※他にどんなものがあるのかは、それほど有名ではないビジネス著者のプロフィールを見てもらえればリサーチができる。

自分が何の専門家であり、どんな価値を提供することができるのかを宣言することがブランドビジネスマンの第一歩になる。ブランドは独立を考えている人や本を出す人だけの話ではなく、すべてのビジネスマンに必要だと思う。

 

こんな話をすると、「自分には特別な専門性がない」と言われるのだけど、これからは専門性がないとビジネスマンとして生き残ることができないので、どんな人でもブランドをつくることができる4つのステップをご紹介する。

40代のビジネスマンにとっては、キャリアの作り方が後半のビジネス人生を大きく左右する。

 

続きを読む

40代ビジネスマンが健康的な生活ができない2つの理由

「仕事ができる人は健康に気を付けている」

GTY0002619401よく言われている話だけど、多くの人が勘違いしている内容でもあると思う。

例えば、自分の腹を見みればよくわかる。
若い時に比べて太ったと感じたとしたら、すでに健康は損なわれている。こうなると意識するだけでは足りない。

仕事ができる人は健康管理に気を付けている。しかし、健康を損なっている人とは気の付け方が違う気がしている。

健康を意識しているけど、全く健康的ではない現実についてお話しする。

今回は音声バージョンを用意しましたので、お聞きになりたい方はこちらをどうぞ。

 

続きを読む

嫌な上司とのコミュニケーション5つの処方箋

人間というのは、自分がいい人間かどうかは別として、たいていは嫌だと思う奴が存在する。サラリーマンの場合、嫌な奴が上司であれば毎日が憂鬱になる。

GTY0004411001

元気を出そうにも会社に行く足が重くなる。当然ながらパフォーマンスは上がらないし、上げたところで評価は上がらない。

嫌な上司がいるサラリーマンの危機脱出法について考えてみる。

 

続きを読む

40代のビジネスマンの僕が死ぬ時の預金額は?

「死ぬ瞬間に、貯金が1円でも残っていたら、負け」

お金

 

 

有名なクリエイターの言葉なのだけど、当分生きるつもりの40代の僕は、すでに預金はなく借金が相当あるので、勝っているのだろうか?

たぶん、そんなことはないよね。

続きを読む

人と比較して生きることに意味はあるか?

世の中、精神疾患人が多くなっているらしい。厚労省のデータによると医療機関に通っている人の数が300万人以上になっている。予備軍も含めればその数は計り知れない。

精神疾患

医療機関に通っている人以外にも、民間のカウンセラーやセラピストのセッションを受ける人も多く、「心」を扱った「ビジネス」をやっている人も患者数に合わせて増えていると思う。

サラリーマンというのは、組織のストレスにさらされているので、心にダメージを受けがちだ。特に、「いい人」は意見が言えずに、不本意な立場になったり、自己犠牲的な精神で誰もやらない仕事を引き受けてしまったりする。

割り切っていられるうちはいいのだけど、ストレスがキャパを超えると、精神に影響が及ぶ。これまでふたをしていた不公平感が爆発する。

こうした人にカウンセラーは、

「がんばってきたんだね」
「あなたはあなたのままでいいよ」
「人と比較する必要はない」

と言うのだけど、これって本当に適切な解答なのだろうか?

少なくとも、今のクライアントを肯定することで、精神は安定させることができても、「自己実現」からは遠のくのではないかと思うのは僕だけだろうか?

続きを読む