又吉直樹 芥川賞受賞で相方 綾部佑二君にひと言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

火花又吉直樹君が芥川賞を受賞したことで、久しぶりのミリオンセラー書籍が生まれ、出版業界も勢いがつくか?と言いたけど、僕は打ち上げ花火だと思っている。

 

お断りしておくと僻んでいるわけでもなく、受賞に文句があるわけでもない。

ここ数日、テレビはこの話題が多いのだけど、僕は相方の綾部君の発言に相当にがっかりしている。

「収入格差芸人」なんて自虐ネタを言っていると、彼は自分の才能を自分で壊してしまうのではないか。

ということで、今日は「才能」について。

綾部君にひとこと申しあげたい。
(二人よりも僕は年上なので「君」と呼ばせてもらう)

 

 

お笑い芸人が芥川賞を受賞したのではない?

芥川賞は人に贈られるのではなく、「作品」に贈られるものだから、芸人であることは検討の対象にはならない。というのは当然のことだけど、テレビで評論家がそんな話をしているのを聞くと、いかに文化レベルが低いのかと思ってしまう。

受賞に芸人であることは関係がない。しかし、テレビの報道数は芸人であることを大きく反映しているし、本の売れ行きも芸人であることと無関係ではないだろう。

なぜ、芸人だから話題になるのか?

実は、ここが重要。ピースが人気芸人だったからだ。もちろん、無名の芸人が受賞しても話題にはなっただろう。しかし、ここまでの報道はされてないと思うし、本も売れていないだろう。

で、ピースが人気芸人になった理由は、綾部君、君の力ではないのか?

又吉君ひとりで、ここまで来ることができただろうか?

ネットの情報なので確かではないけど、君たちは一緒にネタを考えているようだし、少なくとも君が又吉君のように気味の悪い風体であれば、アンガールズになってしまう。当然ながら、メインでお茶の間に登場することはできない。

君は自分の力を忘れて、相方を「先生」と呼んでいる場合ではないよ。

 

作家というのは書き続けるのが仕事

芸人100%。作家は残りの時間という発言に、選考委員は何を感じたのだろうか?

ポプラ社小説大賞を受賞した水嶋ヒロを連想するのだけど、あの時も本名での投稿で、作者が俳優であることを選考委員は知らなかったということらしい。

この作品も100万部を突破している大ベストセラーだけど、その後に作家としての活動をしているのかどうかは定かではない。

今回の又吉君も同じようなケースが予想される。直木賞作家だからと言って、芸能界で活躍できるはずもなく、芸人としての活動に軸足を置くなら、エースは綾部君だと思うのだけど、違うのかな?

作品を発表し続けるのが作家なら、又吉君はたぶん作家にはなれないと思うよ。作家になろうとしたら、芸人活動への投資時間が減る。プライベートの時間を削れば、創作への発想力が乏しくなる。

芸人であることを売りにせずに、作品の質だけでベストセラーを連発するのは難しい。

又吉君の敬愛する太宰治や芥川龍之介の最後はどうだったか?

 

必然的にピースは綾部君にかかる比重が大きくなるよ。

 

芸能系の仕事から作家に転身した人は?

芸能人から作家に転身したのは、思いつく限り、ABブラザーズの松野大介、CCBの関口誠人なんかなのだけど、書き続けているとは言いがたい。良い作品を生むことは大切だけど、売れ続ける作品を書き続けることは難しいということだろう。

作家として成功しているのは、エコーズの辻仁成くらいかと思うのだけど、彼は作家活動に軸足を置いて、数多くの作品を発表している。

ちなみに、「ホームレス中学生」の麒麟 田村裕は数に入れていない。

 

上がったら落ちる。その時に必要なもの

どんな職業でもトップであり続けるのは難しい。作家の場合も同様で、ミリオンセラーを2作以上達成しているのは、村上春樹くらいじゃないのかな?

芸人も同じで、ピースが人気を保てているのは、綾部君の力が大きいと思う。

普通は上がったら落ちる。しかも、上がるスピードと同じスピードで落ちる。それを支えるのは誰だろうね?

繰り返し言うけど、綾部君は冗談でも相方を「先生」なんて呼んではいけないと思うよ。自分の才能を枯渇させてしまう。

同じように格差芸人だと言っていたのは、麒麟の川島明だけど、「わかる、わかる」なんて言わせてはいけない。

 

ネタの質を考えた時、声や顔や動きなど身体を使ったものと、頭を使ったものは違う。前者は一発屋にかりがちだけど、後者は長持ちするからね。ピースは後者だ。

 

 

綾部君に勝手にアドバイス

成功することが、自分の得意分野に集中することなら、自分のフィールドを出ないことがセオリーになる。ならば、芸人としての立ち位置に磨きをかけることだ。

綾部

ただし、「テレビ」という枠でくくるなら、君に活躍の場はある。

君の枠を広げるのは、キャスターだと思う。

毛深い体を見せたり、熟女について語っても、君の才能は開花しない。映画に出ても同じだろうね。

例えば、「ZERO」の「my generation」というコーナーの30代、40代版。

桐谷さんと女の子がキャスターを務めているけど、あまりの不勉強なコメントに(というか、そうですね程度しか話せない)気絶しかけているのは僕だけだろうか。君は特集のキャスターか、平日お昼の情報番組の司会ができると思う。

これは又吉君にはない才能だ。

ただし、ZEROは村尾キャスター、桜井君、山岸舞彩に君が加わると、男性色が強すぎるので難しいと思うけどね。

 

自分の強みを活かす方法

自分にきちんと目を向けるということ。君がどう思っているかは知らないけど、他人をうらやましいと思う必要はない。

君は君自身の才能に目を向けて、芸人としてテレビの枠の中で生きていけると思う。又吉君を支えるのは君の方だと思うけど、どうだろう?

ミリオンセラーの印税は1億以上になると思うけど、君がうらやましいと思うような金額ではないような気がする。

君はこれから何年、芸能界で活躍するつもり?

 

そう考えれば、又吉君の印税は大きな金額ではないよ。実際、麒麟の格差はなくなっているではないか。

 

ということで、コンサルティングが必要な場合は連絡ください。

 

別所諒連絡先

 

と言うようなメッセージは、綾部君に届くのだろうか?

僕の小さな実験でもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料セミナー 年収1000万のサラリーマンになる
3つのポイント

今の評価と報酬に満足していますか?


このセミナーでは、「カネなし、コネなし、資格なし」(でも、一応やる気はある)サラリーマンが年収1000万になる方法をお伝えしています。
・実力そのままで収入を上げる方法
・上司や周囲を協力者にするコミュニケーション方法
・自分の仕事スタイルを最大限に活かす方法

など、別所諒が実際にやってきた方法を60分に渡りお伝えしています。

諦めてしまう前に一度セミナーをご覧ください。


動画のサンプルはこちら





スマートフォンから再生する場合はこちら


本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*