40代のビジネスマンの僕が死ぬ時の預金額は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「死ぬ瞬間に、貯金が1円でも残っていたら、負け」

お金

 

 

有名なクリエイターの言葉なのだけど、当分生きるつもりの40代の僕は、すでに預金はなく借金が相当あるので、勝っているのだろうか?

たぶん、そんなことはないよね。

勝ち負けの問題ではないけど、何かをやろうと思うとお金が必要になることが多い。

ある程度稼いで、やりたいことをやって、死ぬ時にお金を使い切る。
それはそれで素敵な感じなんだけど、人間いつ死ぬのかを自分で決めるのは難しい。
だったらどうするのか?

借金してでも、やりたいことができる現金を手元も持っておく。
いつ死んでも後悔しないように今日を過ごす。

もし、僕が今日死んだら、お金のあるなしに関わらず、「負けた」とは思いたくない。

そんなことを考えると、1日の過ごし方が少し変わってくる。

未来のために預金をするよりも、今日やりたいことができる現金を手元に持っておく。

それがお金との付き合い方だと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

能力そのままで年収1,000万円の転職をする方法

転職エージェントが教えない転職の極意を伝授。

表紙

年収1,000万円の転職を可能にする10の極意。
無料レポートを差し上げます。

無料と言ってもA4 60ページのボリュームがあります。

転職を考えたら、今すぐお申し込みください。

 「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」


著者 別所諒


無料レポートはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*