liberty-1035481_960_720サラリーマン生活を長く続けていると、だんだんと独立する意欲を失ってしまいがちだ。特に40代ともなれば独立だけでなく、転職も抵抗が出てくる。

40代でフリーランスでの独立と転職を比較した場合、独立の方が、危険性が高いように思えるが、実は40代に限っては別の考え方もある。

というのは、フリーランスで仕事をするのは、会社ではなく、その人に発注をするわけなので、一定のスキルが必要になる。特定の分野を除いては、仕事での経験値は有利になる。

 

かつ、40代はまだまだ体力がある。

 

ということで、よい転職先が見つからない40代のサラリーマンのためにフリーランスでの独立についてご提案を行いたい。この記事でお伝えする10の鉄則をクリアできたなら、フリーランスでの独立も視野に入れてもよいと思う。

 

続きを読む