globe-32430_960_72040代ともなれば、何人かの部下がいることが多い。仕事の指示を出せばうまくいくということではなく、悩みを抱えている部下の相談に乗ることも上司の仕事となる。

今や、「仕事に私情を持ち込むな」とも言えず、部下を戦力化するためには、うまく悩みの相談に乗ることができるスキルが必要になっている。

以前であれば、飲みにケーションで、部下のやる気を引き出し、「俺も大変なんだよ」という流れで明日への活力が出たかもしれないが、悩みが複雑化して、転職が簡単になっている昨今では、部下に話すよりも「聞く」技術の重要性はこれからの高まっていくと予想できる。

 

 

この記事では、部下の悩みをうまく聞くことができる上司になるための11のポイントについてお話しする。

 

続きを読む