人気カウンセラー

人気カウンセラーがお客さんを輝かせるために必ずやっていること2

カウンセリングを人の支援と位置付けている人は、「稼ぐ」ということにためらいがちだ。そのこと自体にとやかく言うつもりはない。意思を持って稼がないという選択肢はある。

しかし、「稼がない=クライアントがいない」であるなら、その人はカウンセラーではない。

また、「安い料金=クライアントのため」という図式も実は成立してないことが多い。

人気カウンセラーになる人は、最初から人気カウンセラーになるための心の準備ができている。こうした自信は後天的につきにくいので、サービスを開始する前にマインドセットをしておくことが大切だ。

 

前回までの記事をお読みでない方は、こちらからお読みいただけます。

 

 

続きを読む

人気カウンセラーがお客さんを輝かせるために必ずやっていること

この記事は、新米カウンセラーのみどりさんが人気カウンセラーを目指して活動をするストーリーとなっている。

前回まで記事をお読みでない方はこちら

今回は、人気カウンセラーになるために、「お客さんのニーズ」を探したみどりさんがどんなサービスをすればいいのかを考える。

 

別所登場人物としては僕(別所諒)。

 

新米カウンセラーのみどりさんの質問にお答えする形で進行する。

 

みどり3みどりさん

心理カウンセリングの養成講座を卒業して、カウンセラーとして独立したいと考えている。ブログは毎日更新しているが、アクセスは伸びない。その後も有名カウンセラーやセラピストの講座で勉強して、知識と友人は増えるが、お客さんになってくれる人は少ない。悩んでいる人を助けようという想いは強く、人気のあるカウンセラーになって大勢の前でセミナーを開催したいと考えている(年齢45歳、ご主人と高校生の娘さんがいる設定)

 

 

続きを読む