「社畜」という言葉をご存知だろうか。

Wikipedia的な解釈によると、
『主に日本で、勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマンの状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、皮肉が強く込められている言葉である。英語圏では同様の概念として「wage slave」(賃金奴隷)が存在する。』
とある。

何とも痛烈な解説であり、「社畜」というのはよい意味ではないようだ。関連項目に、サービス残業、過労死、栄養ドリンクが上がっているのも失笑してしまう。

仮面社畜

こうした劣悪な仕事環境からの解放を説く方法として、小玉歩氏が【仮面社畜のススメ】という本を書いている。

さて、仮面社畜とは?

本書によると、

「会社を徹底的に利用しろ。社畜のふりをした【仮面社畜】になれ」

ということをすすめていて、

そのために、

3つのマインドで人生の主導権を取り戻せとある。

3つのマインドとは、

「環境マインド」・・・人間関係を含むあなたを取り巻くもの
「裏ワザマインド」・・・仕事に関するスキルやテクニック
「資源マインド」・・・お金と時間の使い方

となり、それぞれの活かし方が合計42種類紹介されている。

詳しくは本書をお読みいただくとして(参考になることも多い)、ここでは僕の考えをお話ししたい。

 

続きを読む