43歳 営業マン田中さんの転職相談―40代の転職は厳しい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

転職は35歳までと言われる。しかし、会社でリストラの危機に合ったり、窓際の仕事に追いやられるのは40代以上だ。

多くの40代のサラリーマンは、住宅ローンを抱えて、子どもの教育費にもお金がかかる。妻はパートに出かけて疲れさせていることにも多少の罪悪感がある。

40代で転職に成功をして、やりがいのある仕事で給料も増やすというのは難しいのだろうか?

AE096

相談者:田中一(たなかはじめ)さん

社員100名の印刷会社の営業課長。中堅私立大学の文学部出身。プレイングマネージャーとして4人のメンバーを引っ張るが、印刷業界の市場縮小とネット印刷の台頭で売上が上がらない。会社の将来性に不安がある。最近、部下にもそんなに尊敬されていない気がする。家族は妻と高校2年、就学1年の娘二人。住宅ローンを抱え、娘の教育費にも頭が痛い。このままがんばるか、転職をするかで迷っている。

別所

田中さんの相談に「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」著者の別所諒が田中さんの相談をお聞きする。

 

 

転職35歳限界説は本当か?

 

AE096

「私は中堅の印刷会社の営業です。年齢も43歳です。転職の限界年齢は35歳と言われます。毎日残業しながら『このままでいいのか?』と考え込んでしまいます。特にキャリアもない私なんかにいい転職先はあるんでしょうか?」

 

別所

「正直なところ、あると言えばありますし、ないと言えばありません。要は田中さん次第ということになります。というのは、おっしゃるように転職の平均年齢は31.8歳、40代以上で転職に成功している人は12.2%と20代、30代よりも低いというデータはあります。」

 

転職年齢平均

 

転職成功年齢

出典サイト

 

AE094

「40代の転職は厳しいんでしょうね」

 

 

別所

「確かに数字としては低いですね。だからといって『無理』ということではないでしょうし、何なる転職ではなく、『理想の会社に転職する』となれば、20代でも30代でも難しいことは同じです。

そもそも35歳が転職の限界と言われているのは、人は年齢が上がると守るものが増えるので、転職のリスクを冒さないこと、求人サイトを通じて転職をしようとしている人が多いことが理由です。

今いる人がやめないので新しい人が必要ない。

やめるのは若い人なので、同じような若い社員を募集する。

ということですね。」

 

 

AE094

「確かに私もやめませんからね。」

 

 

別所

「しかし、どこの会社でも優秀な人材を常に求めています。今いる社員がベストだと考えている経営者は少ないでしょう。しかし、何とか会社が回っているので、求人広告は出さない。というのは、絶対的に必要でない人のために高い広告料を払うことにためらいがあるということです。」

 

AE094

「求人サイトに登録しないで転職をする方法はあるんですか?」

 

 

別所

「ありますよ。若いころお取引の会社で『うちに来い』と言われたことはありませんか?それと同じです。直接声をかけてもらって転職をすればいいわけです。」

 

AE096

「若いことは声をかけてもらうこともありましたが、今はありません。しかも、中小企業ばかりだった記憶があります。」

 

別所

「最近声がかからないのは、田中さんのポジションと会う相手の関係性の問題です。例えば、相手が課長なら採用の権限はないですよね。仮に、部長と会っても、若いころの田中さんならともかく、部長候補としての田中さんを採用する権限はないわけです。部長クラスを採用する権限があるのは誰ですか?」

 

AE096

「社長でしょうか?」

 

 

別所

「その通りです。しかも、中小企業の社長なら独断で決めることができます。もしかしたら、今の会社よりも小さな会社に行くことに不安があるかもしれませんが、実は社長に近い中小企業こそが、40代の転職においてはチャンスなのです。」

 

 

40代の転職は「何ができるのか?」を考えるポイント

 

AE050

「ところで、私みたいな普通のサラリーマンが社長に会ったりできるものですか?」

 

別所

「普段の仕事では会うことは難しいかもしれませんね。だから、会うための戦略が必要になります。要は社長が行く場所に田中さんが行くということです。」

 

AE096

「社長が行くところですか?夜のクラブですかね?」

 

スター

別所

「ははは!それはナイスな答えですね。しかし、クラブに入り浸ったら、奥さんが怒りますよね。他にも社長に会う方法はあります。ひとつの方法としては、セミナーに行くということです。世の中には勉強熱心な社長が多くて、セミナーによく参加しています。費用がかからないセミナーなら、商工会議所は無料で開催されています。勉強にもなりますから、検索してみてください。たいていの企業は商工会の会員になっているので、田中さんも参加ができると思いますよ。

 

商工会議所のセミナーページはこちら

 

その中のセミナーで、

「強い営業チームをつくるための5つのステップ」というセミナーがあったとしましょう。

そこには「営業力をあげたい社長がいるわけです。」

 

 

AE096

「そんなところに社長が行くものですか?」

 

 

別所

「大手企業は行っていないでしょうね。しかし、自ら営業部長のように活動をしている社長は少なくありません。その人がどんなことを考えていると思いますか?

誰か、自分の代わりに営業部長をやって売上を上げてくれないか?

ということです。田中さんの仕事は営業ですよね。

 

AE096

「なるほど」

 

 

別所

「多くの40代が転職に不安を感じるのは、転職と年齢は求められるスキルが違うことを意識していないからです。

求められるスキルとは、

20代は行動力

30代は業務遂行能力(応用力・柔軟性)

40代はマネジメント力(課題解決力)

です。

求人サイトでは、20代と30代に求められるスキルを前提とした求人がほとんどです。ここに40代が応募しても採用されないのは当然ですね。」

 

 

40代のキャリアを活かす転職―「風上風下転職」

 

別所

「もうひとつの方法としては、別の角度でキャリアを活かす転職をすることです。普通同じ業界に転職をしようとする。そこには、すでにその仕事ができる人がいます。田中さんのスキルはそんなに重視されないかもしれませんね。しかし、印刷物に関する知識を必要としている企業はないでしょうか?」

 

AE096

「印刷会社以外にあるんですか?思いつきません。」

 

 

別所

「例えば、ページ数の多いカタログを作成している会社はどうでしょうか?

繁忙期には彼らも残業をしていますよね。そこに田中さんが入って効率的に仕事をする方法を教えたらどうなるでしょうか?コストが下がって効率的になるとしたら戦力ですよね。」

 

AE096

「確かに、私のキャリアが役に立ちますね。」

 

 

別所

「僕はこうした転職を風上風下転職と呼んでいます。自分の業界の前後に転職するのです。」

 

 

転職術

 

AE096

「なるほど。これはいいかもしれませんね。やってみたいと思います。」

 

 

別所

「ちょっと待ってください。40代の転職は失敗が許されません。40代に求められるスキルがマネジメントであることはお話ししましたよね。まずは、今の会社でマネジメント力を高めてから転職を考えてはいかがですか?

40代で転職に成功する方法は、『40代で年収1000万円の転職を成功させる3つの要素と6つのアクションプラン』にまとめていますので、読んでみてください。」

 

AE096

「ありがとうございます。さっそく読んでみます。」

 

 

別所

「やる気になってきましたね。それはいいことです。では、次回から40代で年収1000万円以上の転職をする方法について一緒に考えていきましょう。」

 

AE096

「1000万円ですか?」

 

 

別所

「少ないですか?」

 

 

AE096

「そんなことはありません。がんばりますので、教えてください。」

 

 

別所

「中小企業の役員に出世すれば1000万円はいけます。がんばりましょう。」

 

 本日のポイント

転職のチャンスは前後の業界にある

 

 

まとめ

40代の転職は求人サイトを使った場合は、成功が難しい。使う場合は、ヘッドハントを前提とした高額転職サイトをおすすめする。

しかし、求人案件を見ればわかるが、そこには煌びやかなキャリアや高いスキルが必要となる。40代でさらなるキャリアアップの時間は少ないので、これまでのキャリアを最大限に生かす方法として中小企業への転職がある。

ただし、単に小さな企業であればいいというわけではないので、中小企業の選び方はこちらの記事でお伝えしている。『中小企業に転職する際、会社選びとは社長選びである』

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料セミナー 年収1000万のサラリーマンになる
3つのポイント

今の評価と報酬に満足していますか?


このセミナーでは、「カネなし、コネなし、資格なし」(でも、一応やる気はある)サラリーマンが年収1000万になる方法をお伝えしています。
・実力そのままで収入を上げる方法
・上司や周囲を協力者にするコミュニケーション方法
・自分の仕事スタイルを最大限に活かす方法

など、別所諒が実際にやってきた方法を60分に渡りお伝えしています。

諦めてしまう前に一度セミナーをご覧ください。


動画のサンプルはこちら





スマートフォンから再生する場合はこちら


本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*