40代の転職を成功させ、お金を引き寄せるマインドセット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

年功序列の日本企業では40代はそれなりに給料が高い。一方で、仕事自体はIT化が進み、従来のスキルが通用しなくなっている。

例えば、人事であればSNSを使えないようでは優秀な学生は採用できないなんて言われる。営業マンは、「売る」のではなく、顧客のメリットを提案することができないと仕事にならない。

これまでの仕事の延長で、身分の保証をされたり、それ以上の待遇で転職ができるのは一部の40代だけだ。

40代で転職を考えるなら、これまでの仕事のやり方と違うマインドセットが必要になる。

今回は、43歳で営業マンの田中さんの転職を成功させて、お金を引き寄せるためのマインドセットについてお話をしたい。

 

AE096

相談者:田中一(たなかはじめ)さん

社員100名の印刷会社の営業課長。中堅私立大学の文学部出身。プレイングマネージャーとして4人のメンバーを引っ張るが、印刷業界の市場縮小とネット印刷の台頭で売上が上がらない。会社の将来性に不安がある。最近、部下にもそんなに尊敬されていない気がする。家族は妻と高校2年、就学1年の娘二人。住宅ローンを抱え、娘の教育費にも頭が痛い。このままがんばるか、転職をするかで迷っている。

 

 

※前回の記事はこちらをご覧いただきたい。

 

なぜ、同じような能力なのに結果に差が出るのか?

 

別所「前回のお話で、40代でもキャリアアップする転職ができることをご理解いただけたと思います。そのためには、本日お話しすることが大切です。

 

今日のお話は、

マインドセットです。」

 

AE096「マインドセット?」

 

 

 

別所「そうです。通常の転職相談では、自分のキャリアを棚卸してできることを紙に書きだす。そして履歴書を作成します。しかし、その前にやらなければならないことがあります。それはマインドセットです。」

 

AE094「確かに、以前伺った転職エージョントはこれまでのキャリアについて聞かれましたね。しかし、私は普通の印刷会社の営業しかやったことがないし、当時30代の後半でしたので転職は難しいと言われました。印刷業界は募集が少ないんですよねと言われた記憶があります。」

 

別所「それはそのエージェントの担当者がマインドセットができていないからです。彼らもラサリーマンですよね。サラリーマンの目線から見たらそのアドバイスは当然と言えます。しかし、そのアドバイスが田中さんの価値を低めているということになります。」

 

AE050「私に価値なんてあるんでしょうか?さっきも言いましたが、ただの印刷営業ですよ。」

 

 

 

別所「どんな職業の人でも、専門知識やスキルを上げることで、その業界の平均的な収入の2倍から10倍を取っている人は必ずいます。

 

例えば、田中さんは左官屋さんは儲かると思いますか?」

 

AE096「職人さんはなり手が少ないと言いますし、オリンピックで建設業は景気がいいと聞きますよね。だから、そこそこ儲かるかもしれませんね。」

 

 

 

別所「天然素材の住宅も注文が増えているようですし、仕事には困らないかもしれませんね。しかし、左官屋さんの平均年収は

 

厚生労働省の平成26年度賃金構造基本統計調査によると、左官の平均年収は51.6歳で346万円ほどとなっています。

・平均年齢:51.6歳

・勤続年数:14.2年

・労働時間:173時間/月

・超過労働:4時間/月

・月額給与:268,400円

・年間賞与:238,000円

・平均年収:3,458,800円

 出所:厚生労働省「平成26年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。
出典サイト

となっています。」

 

AE096「厳しいんですね。」

 

 

 

別所「田中さんの年収はどのくらいですか?」

 

 

 

AE094「額面で45万ほどです。それに年間2回のボーナスがあります。年収630万円ほどになります。」

 

 

 

別所「印刷業界の平均と比較すればいい方ですね。次のような情報があります。どうも前途が有望な業界ではないと書かれています。ここに参考のサイトを紹介しておきます。」

 

一方で、左官屋さんでもこんな人がいます。」

 

 

AE096「すごいですね。」

 

 

 

別所「確かに、特別な人かもしれませんね。しかし、田中さんは不思議に思ったことはありませんか?

同じ知識を持っていて、能力はそんなに違わないと思うのに、営業成績に差が出る部下がいる。もっと言えば、世の中に「成功する方法」の類はたくさん出版されているのに、全員が成功するわけではない。しかも、成功するための本を出している出版社の編集者が成功していない。」

 

AE096「その通りですね。でも、成功哲学を読んでも全員が成功するわけではないですよね。」

 

 

 

別所「でも、成功する人もいますよね。それで成功した人と話をしても、自分よりもそんなにすごい知識があるとは思えない。そんな経験はありませんか?」

 

 

AE094「確かに。客先の部長に会っても、そんなにすごいと思えない人もいますね。」

 

 

 

別所「いったい何が違うと思いますか?」

 

 

 

AE096「運でしょうか?」

 

 

 

別所「その通りです。ただし、運を引き寄せるのは心の在り方と行動に左右されます。運を引き寄せる考え方と行動をすることがマインドセットなのです。」

 

 

AE096「なんか別所さんが成功哲学の講師みたいになってきましたね。」

 

 

 

別所

「ははは。そうかもしれません。でも、僕がこれからお話しすることは現実的な話です。」

 

 

 

40代の転職を成功させる3つのポイント

 

別所「田中さんの給料は45万でしたよね。来月からそのままの仕事で月給を100万円にすると言われたらどうですか?」

 

 

AE096「信じられません。何か裏がありそうな気がします。」

 

 

 

別所「それは自然な考え方ですね。一方で、こう考えている人がいます。やっと自分に合った報酬になった。社長がようやくわかってくれたんだ。今までの給料は安すぎたんだ、と

 

もちろん、勘違いもあるかもしれません。他人の評価よりも自分の評価が高いのは最悪です。しかし、現実はともかく、考えていることは行動に影響をします。

630万を維持したい人の行動

700万円にしたい人の行動

1000万円以上にしたい人の行動

1億円にしたい人の行動は違います。

もちろん、1億にしたい人はサラリーマンをやっていないかもしれませんが」

 

AE096「私は何をすればいいんでしょうか?」

 

 

 

別所「今日は何もする必要はありません。僕の話を聞いて、脳髄にしみこませてもらえればOKです。

 

これから、3つのお話をします。

1:考え方

2:戦略

3:行動

です。

 

 

 

40代の転職を成功させる考え方

 

別所「多くの人に根深いのは、

 

お金は苦労して手に入れるものだという考え方

です。

精神的な苦労はともかく、時間は有限です。時間を会社に提供して給料をもらうという発想をしている限り、天井があります。しかも、年齢を重ねることに体力はなくなっていくので、この考え方をしていると給料が上がらなくなります。

ですから、今日から

たくさん労働をするのではなく、頭を使って仕事をする

ことを意識してください。

長時間仕事をするのではなく、短い時間で同じ結果を出す方法を考える。それができれば、浮いた時間で別のことを考えます。

要は、苦労をしないで給料を貰う方法を考えるということです。最初は罪悪感があるかもしれませんが、手を抜けと言っているのではありません。より効率的に仕事をする方法を考えるのです。」

 

AE096「確かに効率的に仕事をするのは大切ですよね。」

 

 

 

別所「それだけではありません。頭を使って仕事をしていると、頭を使った人との人脈ができるのです。頭を使った仕事をしている人は、評価が高い。こうした人との人脈が田中さんを変えていくのです。」

 

 

 

 

40代の転職を成功させる戦略

 

別所「次に戦略面です。田中さんのこれまでのキャリアの延長線ではないキャリアアップの方法を考えるということです。

 

田中さんは葉っぱが高額で売れるという話を聞いたことがありますか?」

 

AE096「確か、以前にテレビで見たことがあります。田舎のおばあちゃんがお金持ちになっているという話ですよね。」

 

 

 

別所「そうです。葉っぱは普通の人には何の価値もないですが、高級料亭にとっては重要なアイテムだったわけです。戦略とは、田中さんの価値を最も高く評価する人を見つけるマーケティング活動だとも言えます。

そのためには考え方が重要です。田中さんの考え方が磁力となり、田中さんの価値を高めるのです。」

 

 

 

 

40代の転職を成功させる行動

 

別所「最後は行動です。引き寄せの法則は、行動しなければ効果を発揮しません。

行動するとは、転職を成功させない行動をしないということでもあります。

特に、言葉の選び方には注意が必要です。自分の考えによって発せられた言葉は、潜在意識にプログラミングされます。潜在意識は無意識に言葉になって出てくるので、マイナスの作用を起こします。

茶店や居酒屋で会社の文句を言っている人がいるでしょう。聞いているとなんでそんなに文句はあるんだろうと思いますが、彼らは言葉ほど悪人じゃないのです。潜在意識の使い方を間違っているので、文句が出てしまうのです。内心では、『こんなことを言うべきじゃないんだろうな』と思いつつ、口から出てしまう。これが転職を成功させない行動となるのです。」

 

AE096「言葉は重要なんですね。」

 

 

 

別所「その通りです。今日から田中さんはサラリーマンではなく、起業家になるのです。もちろん、独立せよという話ではありません。自分のお金やビジネスに関する決断に100パーセント責任を負うのは自分だと決めるということです。

 

お金をもらうという意識から、稼ぐという意識に転嫁するのです。

稼いでくれるスタッフを欲しくない経営者はいません。もちろん、田中さんが稼ぐことができるようになったら、自分で事業を起こしたいと思うかもしれませんが、それはその時に考えればいいことです。

田中さんは、社内起業家になるのです。」

 

AE096「かっこいい響きですね。」

 

 

 

別所「ぜひ、かっこよくしてください。起業家は自分の意識を変えることと同時に、強いチームを持つ人が大切です。サラリーマンの意識が強くて不平不満を言って田中さんの力を奪う人と逆に田中さんの力になってくれる人を区別します。

前回、40代の転職はマネジメントスキルが必要だと言いましたね。マネジメントスキルとは、難しいフレームを勉強して人を管理することではありません。

マネジメントとは、あなたの周囲を強力な戦力で固めるということです。

そのためには、今のチームを強くする方法を考えていく必要があります。次回からマネジメントについて考えていきましょう。お金に関する意識を変えて、お金をもらうのではなく、稼ぐ側に回るのです。

 

 

AE096「ありがとうございます!なんだかやる気になってきましたよ!」

 

 

 

 

今日のポイント

40代の転職を成功させようと思うなら、転職を成功させない行動をいっさいやらない。

 

 

まとめ

サラリーマンと経営者は利害が逆になる。だから、優秀な経営者ほど、社員に自分を理解してもらおうと思っていないし、社員に多くを求めない。

だからこそ、起業家としての意識の高いサラリーマンは自然に評価が上がるのだ。

40代の転職を成功させるためには、給料を貰う発想から、お金を稼ぐ発想にマインドセットが必要になる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料セミナー 年収1000万のサラリーマンになる
3つのポイント

今の評価と報酬に満足していますか?


このセミナーでは、「カネなし、コネなし、資格なし」(でも、一応やる気はある)サラリーマンが年収1000万になる方法をお伝えしています。
・実力そのままで収入を上げる方法
・上司や周囲を協力者にするコミュニケーション方法
・自分の仕事スタイルを最大限に活かす方法

など、別所諒が実際にやってきた方法を60分に渡りお伝えしています。

諦めてしまう前に一度セミナーをご覧ください。


動画のサンプルはこちら





スマートフォンから再生する場合はこちら


本編動画はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*