43歳 田中さんの転職相談

40代の転職成功 売れる営業マンが必ず使っている売れない商品を売れる商品に変換する極意

43歳の営業マンである田中さんの転職を成功させるために、付加価値の高い人材について考えた。

 

今回は、田中さんの職種である営業マンがどのように付加価値を上げればいいのかを考えてみる。

 

AE096

相談者:田中一(たなかはじめ)さん

社員100名の印刷会社の営業課長。中堅私立大学の文学部出身。プレイングマネージャーとして4人のメンバーを引っ張るが、印刷業界の市場縮小とネット印刷の台頭で売上が上がらない。会社の将来性に不安がある。最近、部下にもそんなに尊敬されていない気がする。家族は妻と高校2年、就学1年の娘二人。住宅ローンを抱え、娘の教育費にも頭が痛い。このままがんばるか、転職をするかで迷っている。

 

前回までの記事はこちら

 

続きを読む

40代の転職 会社にとって付加価値の高い4つの人材とは?

40代の転職を成功させるためには、会社にとって必要とされる人材になることだ。

しかし、どんな人材が必要なのか、具体的に認識している人は少ない。

 

今回の記事では、43歳の営業職の田中さんの相談に乗りながら、会社にとって付加価値の高い人材について考えてみたい。

前回までの田中さんとのやりとりはこちら

 

 

続きを読む

40代の転職を成功させ、お金を引き寄せるマインドセット

年功序列の日本企業では40代はそれなりに給料が高い。一方で、仕事自体はIT化が進み、従来のスキルが通用しなくなっている。

例えば、人事であればSNSを使えないようでは優秀な学生は採用できないなんて言われる。営業マンは、「売る」のではなく、顧客のメリットを提案することができないと仕事にならない。

これまでの仕事の延長で、身分の保証をされたり、それ以上の待遇で転職ができるのは一部の40代だけだ。

40代で転職を考えるなら、これまでの仕事のやり方と違うマインドセットが必要になる。

今回は、43歳で営業マンの田中さんの転職を成功させて、お金を引き寄せるためのマインドセットについてお話をしたい。

 

AE096

相談者:田中一(たなかはじめ)さん

社員100名の印刷会社の営業課長。中堅私立大学の文学部出身。プレイングマネージャーとして4人のメンバーを引っ張るが、印刷業界の市場縮小とネット印刷の台頭で売上が上がらない。会社の将来性に不安がある。最近、部下にもそんなに尊敬されていない気がする。家族は妻と高校2年、就学1年の娘二人。住宅ローンを抱え、娘の教育費にも頭が痛い。このままがんばるか、転職をするかで迷っている。

 

 

※前回の記事はこちらをご覧いただきたい。

続きを読む

43歳 営業マン田中さんの転職相談―40代の転職は厳しい?

 

転職は35歳までと言われる。しかし、会社でリストラの危機に合ったり、窓際の仕事に追いやられるのは40代以上だ。

多くの40代のサラリーマンは、住宅ローンを抱えて、子どもの教育費にもお金がかかる。妻はパートに出かけて疲れさせていることにも多少の罪悪感がある。

40代で転職に成功をして、やりがいのある仕事で給料も増やすというのは難しいのだろうか?

AE096

相談者:田中一(たなかはじめ)さん

社員100名の印刷会社の営業課長。中堅私立大学の文学部出身。プレイングマネージャーとして4人のメンバーを引っ張るが、印刷業界の市場縮小とネット印刷の台頭で売上が上がらない。会社の将来性に不安がある。最近、部下にもそんなに尊敬されていない気がする。家族は妻と高校2年、就学1年の娘二人。住宅ローンを抱え、娘の教育費にも頭が痛い。このままがんばるか、転職をするかで迷っている。

別所

田中さんの相談に「普通のサラリーマンが年収1000万円になる方法」著者の別所諒が田中さんの相談をお聞きする。

 

続きを読む